ハメ外しすぎじゃね!? 女子が出会った「調子にノッてる男子」6選

写真拡大

何もかもが自分の思い通りに進む、自分にとって最高に良い時期。みなさんも、そういう時期を経験したことはありませんか? でも、何でも上手くいっていると気持ちの緩みからちょっと羽目を外してしまうことも。今回は「この人、調子に乗ってる」と男性に感じる瞬間について女性たちに聞いてみました。

■飲み会ではしゃぎ過ぎ

・「飲み会で無礼講とばかり上司にグイグイいく男性。あとで後悔するのにと思う」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「飲み会で、酔ってお喋りになっている人」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

お酒が入って調子に乗ってしまうというのは、よくありがち。でも、そんなときでも人への気遣いを忘れてはいけませんよね。お酒の席で、無礼講と言われたとしても、上下関係を無視した行動は慎んだ方が良さそうです。

■女性にチヤホヤされている

・「女性に褒められていい気になってるとき」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「女性からチヤホヤされているとき」(25歳/その他/事務系専門職)

女性から積極的にアプローチされて有頂天になっている男性も、第三者から見ると調子に乗っているような気がするもの。ここぞとばかりに、色々な女性に手を出して痛い目に遭う人もいそうですね。

■上から目線

・「発言が『俺、凄い!』と上から目線が凄い人」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「発言が偉そうなとき。上から目線だったりすると、そう感じる」(33歳/学校・教育関連/技術職)

何の根拠があってかわからないけれど、妙に上から目線で話しかけてくる。そういう男性を見て、調子に乗って人に偉そうにしているなと思う女性も。でも、相手を認めざるを得ない理由がない限り、ただの自信過剰な人にしか見えませんよね。

■自慢話が多い

・「とにかく自慢話ばかりする人」(32歳/建設・土木連/事務系専門職)

・「たいしたことない自慢をしてくるとき」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

それほどすごいことでもないのに、あたかも大手柄のように自慢話を展開。誰かに褒めてほしくて仕方ないのでしょうが、調子に乗って自慢話しかしない男性を見ていると、社交辞令でも「すごいですね」とは言えませんよね。

■彼女ができたばかり

・「彼女ができたての人」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「彼女ができたばかりで、周りにのろけまくっている」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

彼女と付き合い始めたばかりで幸せいっぱい。こういうときは、男性自身も「何でも上手くいく」と調子に乗っていそう。幸せ自慢をするのは良いけれど、のろけ話ばかり聞かされるとウンザリしそうですね。

■仕事が順調

・「仕事で褒められたとき」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「自分の仕事が調子が良いとき」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

男性にとって仕事で認められるというのは、かなり嬉しいことなのは間違いなさそう。大きなプロジェクトを任されたり、成果を上げられたときには周りの人にもわかるほど調子に乗った言動をしてしまうのかもしれませんね。

■まとめ

いつも控えめである必要はないにしても、あまり大っぴらにされると見ていても不快な気分になる、調子に乗った発言や行動。自分が良い波に乗れているときほどいつもより気を引き締めて、謙虚に振る舞った方が良いのにという気にもなりますよね。「調子に乗っている」と思われると、周囲の反感を買うこともありそうなので、あまり出すぎた真似をしないというのも人間関係を荒立てないために大事かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数93件(22歳〜38歳の働く女性)