写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県浦安市の東京ディズニーランドで12日、1月13日〜3月17日に開催される大ヒット映画『アナと雪の女王』をテーマにしたスペシャルイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」のプレスプレビューが行われ、新キャッスルプロジェクション「フローズン・フォーエバー」が初お披露目。公演前に、一夜限りのセレモニーが行われた。

「フローズン・フォーエバー」は、シンデレラ城の形状を生かしたプロジェクション技術により、『アナと雪の女王』の世界を感じることができるショー。期間中は「ワンス・アポン・ア・タイム」を休演し、この新ショーを公演する。

この日は、公演前に一夜限りのセレモニーをサプライズ開催。アナとエルサ、オラフがシンデレラ城前に登場し、新ショーの開幕をお祝い。エルサの動きによってシンデレラ城に魔法がかかり、「フローズン・フォーエバー」がスタートした。

同ショーは、数々の名場面やアナとエルサの幼少期、家族との絆がテーマ。「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」「生まれてはじめて」「とびら開けて」などの名曲にのせて、名シーンを映し出す。フィナーレでは、スノーギースやオラフが走り回り、アナとエルサは抱き合ってお互いの大切さを再確認。パイロ(演出用花火)もラストを盛り上げ、観客を魅了した。

3年目となる今年の「アナとエルサのフローズンファンタジー」では、「フローズン・フォーエバー」のほか、アナやエルサなどが登場するスペシャルパレード「フローズンファンタジーパレード」や、アナとエルサたちが子供たちと一緒に遊ぶグリーティングショー「アナとエルサのウィンターグリーティング」を公演。パーク内は『アナ雪』のデコレーションで彩られ、スペシャルメニューやグッズも多数登場する。

撮影:蔦野裕