パネルに「生きる」と書いた山崎賢人

写真拡大

 俳優の山崎賢人が12日、都内で行われた川口春奈とのW主演映画『一週間フレンズ。』の完成披露試写会に出席し、「7秒で今年の抱負を書く」というお題に対しパネルに「生きる」とだけ記載。説明を求められると、「とにかく生きる!」とだけ話して笑顔を見せ、深くは説明しなかったが、共演者からは「死なないで!」という声が飛ぶなどして会場が盛り上がった。

 友達に関する記憶を一週間で失ってしまう記憶障害を持つ藤宮香織(川口)と、会ったその日から香織に思いを寄せる祐樹(山崎)のピュアな恋物語を描く本作。舞台あいさつには山崎と川口のほか、松尾太陽、上杉柊平、高橋春織、古畑星夏、戸次重幸、メガホンを取った村上正典監督も出席した。またお題に対して川口は「健康」と記載。「体が一番。今年は体を強くしてお仕事をいっぱい頑張りたいです」と笑顔で意気込んでいた。

 そして記憶障害のヒロインという繊細な役どころに川口は「難しかった」と照れ笑い。「ちょっとした表情ひとつもそうですが、少しずつしか成長しない、(ヒロインの)日常の中の変化をとにかく繊細にやったほうがいいんじゃないかって頑張りました」とコメント。山崎とは本作で初共演だったが、「皆さん見たまんまの通り。優しくて、まじめで、面白くて、ちょっと抜けていてかわいくてみたいな……そりゃモテるなみたいな……」と紹介。「とにかく役に真面目。同じ年だけど、すごく刺激的でステキな人でした」と話した。

 一方、山崎は川口について「春奈ちゃんは藤宮さんというすごく難しい役をやりながらも、オンオフの切り替えがプロ。カットがかかった瞬間に変顔してくれた時に、こりゃ仲良くなれるって思いました」としみじみ。共演者は全員仲良しだったといい、川口は「みんなに甘えていました」と述懐。唯一先生役の戸次だけがこれに入っていけなかったそうで、「絶対に入っていけないオーラがぷんぷん漂っていました。(みんなと)20歳くらい年が違うので、仲間に入れてよ、とはなかなか言えなかった。本当に先生のような感じで見ていました」と話していた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『一週間フレンズ。』は2月18日公開