宇宙飛行士の本気! 国際宇宙ステーションでマネキンチャレンジしてみたよ〜

写真拡大

海外だけでなく日本でも流行した、マネキンチャレンジ。Pouch ではこれまでにRADIO FISHや黒柳徹子さんなど、いろいろな方のマネキンチャレンジをご紹介してきました。しかし、いろいろな意味でおそらく、世界で最も高度。ここまでハイクオリティーなマネキンチャレンジに挑戦した人は、彼らをおいてほかにいないでしょう。

宇宙飛行士のトーマス・パスケット(Thomas Pesquet)さんがフェイスブックに投稿していたのは、国際宇宙ステーションのクルーがマネキンチャレンジしている動画! 場所はもちろん、宇宙です。

【体をひっかけて固定してるっ】

休日である日曜日、マネキンチャレンジで遊ぶお茶目なクルーの皆さん。

しかし言わずもがな、彼らがいる場所は無重力空間。体が浮遊してしまうのは避けられません。そんなわけで細部までよーく観察してみると、さりげなく壁側面につかまっていたり、肩先や足先をひっかけて体を固定していたりと、涙ぐましい努力の跡が!

【そのテがあったか】

たぶん、1番最初に登場する男性がパスケットさんだと思うのですが、両手を大きく広げ両手や足先はどこにも触れていないような……? 推測するに、頭の先を天井につけて固定しているのかも!

【時速約2万7600kmでマネキンチャレンジ】

映画『オデッセイ』や『ゼロ・グラビティ』など宇宙を舞台にした作品を観るかぎりでは、いくら訓練を積んでいようとも、無重力状態で制止するのは至難の業。1ミリたりとも動かない状態を維持するということがいかに大変か、容易に想像することができます。

国際宇宙ステーションは、時速約2万7600kmという速さで地球の軌道を回っているのだそうです。

世界で1番高所、なおかつ世界で1番速く移動しているなかで繰り広げられたマネキンチャレンジ。ぜひご覧になってみて☆

参照元:Facebook
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画・画像を見る