【詳細】他の写真はこちら

セパレート型の2 in 1モバイル機はレッツノートシリーズ初



パナソニックがレッツノートの2017年春モデルを発表しました。今回の目玉は12型の『Let’snote CF-XZ6』。2月17日発売で、店頭モデルの予想実売価格は25万円から。液晶部とキーボード部とが分離する2 in 1モバイルノートPCです。タブレットとしても、ノートPCとしても使えるやつですね。ちなみにレッツノートシリーズで着脱式の2 in 1モデルは意外にも初なんですって。

あ、レッツノートのイメージキャラクターを務めるのは引き続き比嘉愛未さんです。



液晶パネルはアスペクト比は3:2で2160×1440ドットの12型を採用。書類に近い比率のため、B5版ならほぼ実寸表示が可能です。タッチ操作にも対応するほか、オプションでアクティブ静電結合方式の専用ペンも用意されています。



この手の着脱式2 in 1モデルの場合、CPUにはAtomだったりCore Mだったりを搭載しているケースが多いですが、「XZ6」シリーズでは最新世代となるCore iを採用するのがポイントです。

インターフェイスも充実していて、キーボード部にはUSB 3.0ポート×3、有線LANポート、D-Sub15ピン出力端子、HDMI出力端子、SDカードスロットを装備。タブレット部にも、USB 3.1 Type-Cポートと、ヘッドホンジャックを備えています。



セパレートタイプのPCではあるものの、ノートPCスタイルでの使い勝手に妥協はありません。キーボードは、タブレットPCにありがちなおまけ程度のモノではなく、キーピッチが横19mm縦16mm、ストロークが2mmとなっていて、レッツノートシリーズでキーボードの評判が良い「SZ」と同様の打鍵感を実現しています。ドッキング時に自立するよう設計されているのもポイントと言えるでしょう。



タッチパッドにはレッツノートではお馴染みの円形ホイールパッドを採用。さらに、タブレット単体でも操作性を損なわないよう、画面に仮想ホイールパッドを表示し、両手で持った状態でもマウス操作をできるようにするアプリ「ホイールパッド・タッチLite」をプリインストールしています。



もちろん、レッツノートシリーズと言えばの頑丈設計なので、76cmの高さからの落下耐性や100kgfの加圧試験を通過しています。それでいて、タブレット単体なら約550g、キーボード部とドッキングさせた状態で約1019gと驚きの軽さを実現しています。12型以上かつ、TDP15WのCore i搭載の着脱式ノートPCでは世界最軽量とのこと。



面白いのは、タブレット部とキーボード部のそれぞれにバッテリーが搭載されていて、ドッキング時は優先的にキーボード部のバッテリーから消費していく点。また、キーボード部のバッテリーからタブレット部のバッテリーへの充電が可能で、できる限りタブレット部の駆動を延命する仕様になっているとのこと。さらに、キーボード部は単体でUSB給電が可能となっており、モバイルバッテリーのようにスマホなどの充電にも使えるそうです。



タブレット部とキーボード部のバッテリーは、容量違いでそれぞれ2種類を用意。バッテリー駆動時間は、Sバッテリー搭載のタブレット部で約4.5時間、Lバッテリーで9時間(タブレット部はバッテリー交換不可、Lバッテリーはパナソニックストアのみ)、Sバッテリー搭載のタブレット部とSバッテリー搭載のキーボードを組み合わせた場合で9時間、Lバッテリー搭載のキーボードを組み合わせた場合で15時間駆動となる。(キーボード部はバッテリーの取り外しが可能)

ここまで高スペックな2 in 1なら、十分メインのモバイルPCとして活躍してくれそうですね。また、屋外での利用に便利なLTE対応モデルが用意されているのもうれしいところですね。



▲Core i搭載で約550gという軽さは驚異的です。

レッツノート SZ6(店頭モデル)の主なスペック





●CF-XZ6HDAPR

・予想実勢価格:25万円前後

・本体色:シルバー

・OS:Windows 10 Home 64bit

・ディスプレイ:12.0型QHD(2160×1440ドット)タッチ対応液晶

・CPU:Core i5-7200U(最大2.5GHz、2コア4スレッド)

・メモリ:8GB

・ストレージ128GB

・光学ドライブ:なし

・通信機能:無線LAN(IEEE802.11 a/b/g/n/ac準拠、Bluetooth v4.1

・カメラ:顔認証対応IRカメラ

・サイズ:W288.5×H22×D223.7mm(タブレット部はW286.5×H9.5×D223.7mm)

・タブレット部重量:約0.55kg(合計重量:約1.019kg)

・バッテリー:タブレット部・Sバッテリー、キーボード部・Sバッテリー

・バッテリー駆動時間:タブレット部のみ4.5時間、キーボード部ドッキング時9時間

・付属ソフト:Microsoft Office Home and Business Premium 2016

●CF-XZ6HFAQR

・予想実勢価格:28万5000円前後

・本体色:シルバー

・OS:Windows 10 Pro 64bit

・ディスプレイ:12.0型QHD(2160×1440ドット)タッチ対応液晶

・CPU:Core i5-7200U(最大2.5GHz、2コア4スレッド)

・メモリ:8GB

・ストレージ128GB

・光学ドライブ:なし

・通信機能:無線LAN(IEEE802.11 a/b/g/n/ac準拠、Bluetooth v4.1、LTE(nano SIM)

・カメラ:顔認証対応IRカメラ

・サイズ:W288.5×H22×D223.7mm(タブレット部はW286.5×H9.5×D223.7mm)

・タブレット部重量:約0.59kg(合計重量:約1.059kg)

・バッテリー:タブレット部・Sバッテリー、キーボード部・Sバッテリー

・バッテリー駆動時間:タブレット部のみ4.5時間、キーボード部ドッキング時9時間

・付属ソフト:Microsoft Office Home and Business Premium 2016

●CF-XZ6HDBQR

・予想実勢価格:28万6000円前後

・本体色:シルバー

・OS:Windows 10 Pro 64bit

・ディスプレイ:12.0型QHD(2160×1440ドット)タッチ対応液晶

・CPU:Core i5-7200U(最大2.5GHz、2コア4スレッド)

・メモリ:8GB

・ストレージ256GB

・光学ドライブ:なし

・通信機能:無線LAN(IEEE802.11 a/b/g/n/ac準拠、Bluetooth v4.1

・カメラ:顔認証対応IRカメラ

・サイズ:W288.5×H22×D223.7mm(タブレット部はW286.5×H9.5×D223.7mm)

・タブレット部重量:約0.55kg(合計重量:約1.109kg)

・バッテリー:タブレット部・Sバッテリー、キーボード部・Lバッテリー

・バッテリー駆動時間:タブレット部のみ4.5時間、キーボード部ドッキング時15時間

・付属ソフト:Microsoft Office Home and Business Premium 2016

●CF-XZ6HFBQR

・予想実勢価格:31万1000円前後

・本体色:シルバー

・OS:Windows 10 Pro 64bit

・ディスプレイ:12.0型QHD(2160×1440ドット)タッチ対応液晶

・CPU:Core i5-7200U(最大2.5GHz、2コア4スレッド)

・メモリ:8GB

・ストレージ256GB

・光学ドライブ:なし

・通信機能:無線LAN(IEEE802.11 a/b/g/n/ac準拠、Bluetooth v4.1、LTE(nano SIM)

・カメラ:顔認証対応IRカメラ

・サイズ:W288.5×H22×D223.7mm(タブレット部はW286.5×H9.5×D223.7mm)

・タブレット部重量:約0.59kg(合計重量:約1.149kg)

・バッテリー:タブレット部・Sバッテリー、キーボード部・Lバッテリー

・バッテリー駆動時間:タブレット部のみ4.5時間、キーボード部ドッキング時15時間

・付属ソフト:Microsoft Office Home and Business Premium 2016

文/こばやしなおき(編集部)

関連サイト



レッツノート公式サイト

関連記事



「百式」張りのゴールデン!最新CPU搭載の20周年記念限定のレッツノートが登場

コンバーチブルPC最軽量『レッツノートRZ』にコルタナ対応の新モデル