■全9種類の純正ドレスアップモデルから、販売店オプション5種類を用意

新型C-HRはノーマルでも個性的なスタイルが自慢ですが、トヨタでは販売店オプション5種類とカスタムブランド4種類のドレスアップモデルをラインナップしています。都合9種類もの純正ドレスアップモデルを用意しているのですから、力が入っています!

1

販売店オプション5種類の内訳は、全販売店チャネルで選べる1種類と、販売店チャネルごとに設定された4種類。全販売店チャネル共通モデルは「スポーティスタイル」で、エアロパーツに引かれるスポーティなレッドラインが特徴となっています。

また販売店チャネル毎に設定されるドレスアップモデルは、トヨタ店は「メタリックスタイル」、トヨペット店は「アーバンスタイル」、カローラ店は「スマートスタイル」、ネッツ店は「ストリートスタイル」の4種類が設定されており、エアロパーツの組合せと専用ステッカーで異なるイメージを創出しています。

■TRDとモデリスタの4モデルは、オートサロンのデモカーも真っ青!?

またトヨタグループが提供するカスタムブランドでは、TRDの2種類とモデリスタの2種類で合計4種類が用意されています。

レース等にも参画しているTRDからは「アグレッシブスタイル」と「エクストリームスタイル」、また大胆デザインが特徴のモデリスタからは「ブーストインパクトスタイル」と「エレガントアイススタイル」が用意されており、大振りなエアロパーツをまとったド派手なスタイルとなっています。

ちなみに1月13日から15日まで、カスタムカーの祭典「東京オートサロン」が開催されますが、この4種類のモデルはそのまま展示しても際立つほど、強烈な個性を発散していると思います。

シックなトーンからド派手なカスタムモデルまで、純正で9種類ものドレスアップモデルから選べるのは、新型C-HRの大きな魅力であり特権です。是非とも感性に合ったドレスアップで、カーライフを彩って頂きたいと思います。

(星崎 俊浩)

【関連リンク】

■第545弾新型C-HRのすべて (より深く知りたい方はこちらがオススメ)

トヨタ・C-HRは9種類の純正ドレスアップモデルから選べます!(http://clicccar.com/2017/01/12/433506/)