男性、留置場の扉に挟まれ指3本を失う(出典:https://www.youtube.com)

写真拡大

警察にとってはややバツの悪い映像がこのほど公開された。留置場に被疑者をぶち込むと鉄の扉から外に出た警察官。「待って。話を聞いて下さい!」とそれを追った被疑者であったが、直後に左手に激痛が走った。このほどイギリスで…。

【この記事の動画を見る】

「鉄の扉に左手を当てていた私は指を強くはさまれてしまいました。気が付いた時にはすでに3本の指を失っていたのです」と怒りを込めてそう話すのは、英ウェールズ地方のラネリーに暮らすジェイミー・クラークさん(28)。彼は今、警察に損害賠償その他を求めたいとして訴訟の準備に入っている。

ある時ジェイミーさんはガールフレンドと口論になり、警察に通報されると家庭内暴力容疑で逮捕・連行された。裸にされ催涙スプレーを吹き付けられ、留置場にブチ込まれたジェイミーさんは「納得できない」と立ちはだかったが、警察官は耳を貸すことなく鉄の扉をすごい勢いで閉めた。

右手でバタンバタンと扉を叩き、左手に起きた異変を知らせるジェイミーさん。警察官はやっとのことで扉を開けてくれたという。しかし扉でつぶれた傷口のダメージは深刻で、病院に搬送されるも指の接合手術は叶わなかった。こちらは5日、YouTubeに“Police cut off fingers of innocent man”というタイトルで投稿されたその動画である。

出典:https://www.youtube.com
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)