『キングコング:髑髏島の巨神』 (C) 2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE

写真拡大

ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』の製作チームが結集して製作される新たなキングコング映画『キングコング:髑髏島の巨神』。2020年にはゴジラとの究極のモンスター対決も決定している、30メートルを超える巨神キングコングが降臨するこの映画の予告編が解禁された。

[動画]解禁となった映画『キングコング:髑髏島の巨神』予告編

舞台となるのは、南太平洋に浮かぶ神秘の島《髑髏島》。その島には、人類がまだ見たことのない生物が生息しているという。だが、簡単な任務だと思って島に向かう調査隊の前に現れたのは、巨大な島の守護神“キングコング”だった! “巨神”の出現にパニック状態となった隊員たちは、巨大な骸骨だらけの髑髏島で逃げ惑う。

視界をさえぎる霧、巨大な骨だらけの髑髏島を進む探索チーム。その先に、突如としてトカゲのような巨獣が現れる。さらに水中から獰猛なバッファロー、深い森では大グモが人間たちを見下ろす。「この島は一体何だ、知っていることを全て教えろ!」。隊員の叫びもむなしく、次々に襲いかかる巨獣たちに追われ、絶対絶命の大ピンチ! 調査隊のリーダーを演じるトム・ヒドルストンが驚愕の顔を体現。女性カメラマン役のブリー・ラーソンは、あまりの恐さに“涙がポロリ”する熱演を披露している。

そして調査隊は、最終手段として、島を焼き尽くす作戦に打って出る。髑髏島は一面が炎の海となるのだが、燃え上がる炎の中から姿を現すのは、人間への怒りをみなぎらせた巨神、キングコングだった!

『キングコング:髑髏島の巨神』は3月25日より丸の内ピカデリーほかにて全国公開となる。