イタイわ〜。「みじめな女」に見える行動・6パターン

写真拡大

「みじめな女」というレッテルを張られることは、できれば避けたいもの。特に男性からそう思われてしまうと、恋のチャンスも逃げていきそうですよね。男性は女性のどのような行動を見て「みじめな女」だと感じるのでしょうか。

■人目をはばからずに泣く

・「道の真ん中で、人が多いのにおもいっきり泣いているのを見たとき」(36歳/情報・IT/営業職)

・「やたら泣いて、その場から動かない人」(37歳/情報・IT/技術職)

いい大人が公共の場でわんわん泣いている様子は、考えただけでもみじめですよね。一体何があったのだろうと心配になってしまいます。

■未来がない恋愛にすがる

・「遊ばれてるのは目に見えてわかってるのに男の人にすがりつく女の人」(24歳/その他/その他)

・「振られているのに無理にしがみつこうとするのはみじめ」(37歳/食品・飲料/技術職)

大人の女性に、未来がない恋愛で悩んでいる暇などありません。相手が遊びの恋なら、こちらも本気になってはいけませんね。

■口をひらけば悪口ばかり

・「他人の悪口を言いまくる女。みじめなので」(28歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「人の陰口ばかり叩く」(33歳/警備・メンテナンス/その他)

人を蔑むことで自分の存在価値を高めようとしているのかもしれませんが、悪口を言うことしか能のない人と思われてしまう可能性もあります。悪口は言わないに越したことはないでしょう。

■過度な自虐ネタ

・「飲みの席で自虐的発言が多い。もっと自分に自信を持つべきだと考えているから」(36歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

自虐ネタは時に周囲の笑いを誘いますが、あまりにも頻度が高かったり自虐の程度が極端だと周囲の人が反応に困ってしまいます。かまってちゃんだと思われないよう、自虐ネタはほどほどにしておきましょう。

■やたら強気

・「相手もいないのに強がる」(34歳/情報・IT/技術職)

女性の人生には、ひとりで生きていくという選択肢もあります。それを尊重する男性もたくさんいるのに、下手に強がることで、みじめな印象を与えている女性もいるようです。

■女子会

・「独身女性同士での集まりが好きな人。傷をなめあっているようでみじめ」(34歳/情報・IT/営業職)

・「同性でしか食事や飲みに行かない、おひとりさまがあたりまえになっている状態。完全に女を捨ててると思えるから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

若い頃は恋の話題を持ち寄って盛り上がっていた女子会も、年齢を重ねてくると話題もだんだんとえげつないものになっていくことも……。女子会を楽しんでいますアピールは控えたほうがいいかもしれませんね。

■まとめ

女性にとっては何気ない行動も、男性から見るとみじめに思えることもあるようです。いい大人になっても女子のノリでいることは、下手すればみじめな女だと思われかねないことを心得ておきたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月26日〜2016年12月27日
調査人数:361人(22〜39歳の社会人男性)