写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マツダは12日、軽自動車「フレアワゴン」を一部改良して発売した。広い室内空間と優れた乗降性、便利で快適な装備などが特徴となる。

今回の一部改良では、「フレアワゴン」の「カスタムスタイル」全車に防眩式ルームミラーを採用したほか、「カスタムスタイル XS」とターボモデルの「カスタムスタイル XT」に後退時の後方確認をサポートするバックアイカメラを装備し、安全性の向上を図っている。バックアイカメラは、ショップオプションのナビゲーションを装着することで使用可能となり、ナビゲーション用「電源ボックス」と「ガーニッシュアタッチメント」も必要となる。

新たな車体色として、「フェニックスレッドパール」(XG / XS)と「シフォンアイボリーメタリック2トーン」(XS)を追加。「カスタムスタイル XG ターボ」と「カスタムスタイル XS ターボ」に関しては、安全装備を充実させた仕様に集約し、グレード名を「カスタムスタイル XT」に変更した。「フレアワゴン」の価格は136万800〜192万8,880円(税込)。

(木下健児)