トム・ホランドら5人が候補に 写真:REX FEATURES/アフロ

写真拡大

 英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)が1月5日(現地時間)、英国アカデミー賞の新人賞にあたる「EEライジングスター賞」の候補者を発表した。

 ノミネートされたのは、新スパイダーマンに大抜てきされた、イギリスの新鋭トム・ホランド(「スパイダーマン ホームカミング」)ら5人。賞レースの有力候補「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の米俳優ルーカス・ヘッジズや、批評家絶賛の歴史ホラー「The Witch」で本格的な長編デビューを果たした米女優アニヤ・テイラー=ジョイが名を連ねる。

 その他、歴史ラブストーリー「ラビング 愛という名前のふたり」での演技が高く評価されている、エチオピア出身の女優ルース・ネッガと、全編140分ワンカットで撮影されたドイツ映画「ヴィクトリア」で主演を務めたスペイン人女優ライア・コスタが選出された。

 今後の活躍が期待される若手俳優・女優に贈られるライジングスター賞は、BAFTAの映画賞で唯一、一般の観客による投票で選ばれる。過去にはジェームズ・マカボイやエバ・グリーン、シャイア・ラブーフ、クリステン・スチュワート、トム・ハーディら受賞しており、昨年はジョン・ボヤーガ(「スター・ウォーズ フォースの覚醒」)が受賞した。

 受賞者は、2月12日に開催される英国アカデミー賞授賞式で発表される。