AOA チョア、キャットウーマンに変身!「TRICK&TRUE」で“理工系の女神”の座を獲得

写真拡大

AOA チョアがソリョンのバトンを受け取り「TRICK&TRUE−スターホスト」の2番目の走者となって視聴者の心を完璧に掴んだ。

韓国で11日に放送された「TRICK&TRUE」(演出:イ・セヒ) 第12回では、AOAのチョア、ヘジョン、ミナらが想像研究員として出演し、現実では実現できないと思われていた驚きの現象に隠されている秘密を推理していった。特にチョアが、先週雪の女王に変身したソリョンに続いてキャットウーマンに変身し、熱い関心を集めた。

同日、チョアは登場から人並み外れた科学に対するプライドで笑いを誘った。「AOAの中に科学に詳しいメンバーがいるか」というMCチョン・ヒョンムの質問に対し、チョアは「特に科学的なメンバーがいるとは思わない。私が理系出身だ」と答え、自身がグループで唯一科学に近いと話し存在感をアピールした。チョアは「中学時代、科学の試験で100点をとったことがある」とし、それを証明するためにイオン化傾向を1.5倍速でスピーディーに話し“理工系の女神”というニックネームを手にした。

他にもチョアは、ソリョンのスターホストのバトンを受け取り、セクシーな黒のキャットウーマンの衣装に猫耳のカチューシャを着用して、キュートさとセクシーさを同時に披露する“ファム・ファタール”なスターホストに変身し、視聴者をときめかせた。

スターホストとなったチョアは、想像力を刺激するような実験で視聴者を驚かせた。手で触れることなく筒の中の物を浮き上がらせ、外に出したのだ。

それを見ていた想像研究員たちは「マジックではないか」と驚いた表情を見せた。チョアは想像研究員たちの反応に喜び、面白みを強調したデモンストレーションで笑いを誘った。チョアは「眠った魂よ、目覚めよ」「私はキャットウーマンだ」など台本にはないアドリブを連発した。想像研究員たちは「演技が下手」とチョアをいじったが、チョアは「下手なのも設定の1つだ」と言いながらキャットウーマンの演技を続け、視聴者を爆笑させた。