マツダ フレアワゴン「カスタムスタイルXS 」(マツダの発表資料より)

写真拡大

 マツダは12日、軽自動車「マツダ フレアワゴン」を一部改良し発売した。

 フレアワゴンは、2012年に発売された軽トールワゴン。スズキからOEM供給を受けている車体で、初代はスズキ・パレットをベースに、2013年のフルモデルチェンジ後は、スズキ・スペーシアをベースとしている。

 今回の一部改良では、2015年のマイナーチェンジ時に「カスタムスタイルXGターボ」、「カスタムスタイルXSターボ」の2モデルへ細分化されていたターボ車のグレードを、安全装備を充実させた仕様に集約し、グレード名を以前の「カスタムスタイルXT」に戻した。

 安全装備の拡充として、「カスタムスタイル」グレードの全車に防眩式ルームミラーを採用。「カスタムスタイルXS」と「カスタムスタイルXT」には、後退時の後方確認をサポートするバックアイカメラを装備することで、安全性の向上を図った。

 車体色では、「XG」「XS」にフェニックスレッドパール、「XS」にシフォンアイボリーメタリック2トーンを追加した。

 メーカー希望小売価格は136万800円〜192万8,880円(税込)。