写真提供:マイナビニュース

写真拡大

BCNは1月12日、パソコン関連およびデジタル家電商品121部門の販売台数年間No.1メーカーを表彰する「BCN AWARD 2016」の受賞社を発表した。実売データは、主要な家電量販店やカメラ量販店、パソコン専門店、ネットショップなどの集計に基づいており、調査対象期間は2016年1月1日〜12月31日。本稿では、スマートフォンとデジタル家電関連製品の受賞社について紹介する。

今年で18回目となる「BCN AWARD 2017」では、ハードウェア88部門で38社、ソフトウェアは33部門で20社、合計121部門で58社を選出。このうち、スマートフォン部門はApple Japanが6年連続6回目、昨年新設されたSIMフリースマートフォン部門ではASUS JAPANが2年連続2回目の受賞を果たした。

新設された「ドライブレコーダー部門」はユピテルが受賞。また、「DVDメディア部門」は日立マクセルが、「4Kテレビ部門」と「BDメディア部門」はソニーが2年ぶりに1位に返り咲いている。

ほか主なスマートフォンやデジタル家電関連製品の受賞社は以下のとおり。

○スマートフォン関連

○テレビ・レコーダー関連

○デジタルカメラ関連

○オーディオ関連・その他

(プラスワン・クリエイティブ)