大ショック!! 知りたくなかった「彼女の過去」5選

写真拡大

恋人のことは、できるだけすべて隠さず知っておきたいと思う人も多いのでは。とはいえ、知ったら知ったで、ショックを受けてしまうこともあるのが現実です。今回は、男性が「知りたくなかった!」と思う、彼女の過去について、こっそり教えてもらいました。

■1.付き合った人数

・「付き合った経験のある人数が10人を超えていたこと」(37歳/情報・IT/技術職)

・「付き合った数があまりにも多いのを聞いたときは、知らなきゃよかったと思った」(38歳/その他/販売職・サービス系)

実は過去に交際した人数が、想像以上に多かった場合は、知らなければよかったと思うようです。一体どんな恋愛をしてきたのか、自分と比べられてしまうのかなど、気になってしまうのかもしれません。

■2.実はバツイチ

・「実は婚姻歴があり、子どもがいたという事実」(35歳/その他/営業職)

・「バツイチなど。昔の彼氏とのラブラブな話」(25歳/情報・IT/販売職・サービス系)

結婚していた過去を隠されていたら、ショックも大きいかもしれませんね。最初から知った上で納得して付き合っていれば問題ありませんが、実は子どもまでいたとなると、今後の付き合いを考えてしまう場合もあるようです。

■3.過去の恋愛話

・「過去の男性とのラブラブ話とかそういった遍歴」(38歳/小売店/販売職・サービス系)

過去の恋愛経験については、あえて聞きたくないと思う男性も多いかもしれませんね。聞いたところで、ヤキモチを焼くだけになりますものね。

■4.過去のやんちゃ話

・「昔はやんちゃで悪行三昧」(39歳/その他/その他)

・「元ヤンで、レディースに所属していた」(37歳/印刷・紙パルプ/その他)

実は昔やんちゃしていました、なんて過去の話は、あまり知りたくないようです。元ヤンなんて聞いてしまった日には、彼女を見る目が変わってしまいそうです。

■5.水商売の経験

・「過去に水商売をしていたとかは知りたくない」(29歳/電機/技術職)

彼女が過去に水商売をして場合も、知りたくないという人が少なくありません。諸事情があってそういったお店で働いていたとは思いますが、不快に思う男性もいるようです。

■まとめ

どんな過去でもすべて受け止めると思っていても、実際に聞いてみると、想像していたよりもハードな内容で、引いてしまった男性もいるのかも。言うべきことはきちんとお伝えしてから付き合うべきですが、隠し通したほうがよいこともあるのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月28日 〜12月29日
調査人数:125人(22歳〜39歳の働く男性)