耐えられるかな? 「一生独身」だったら一番イヤな部分・6つ

写真拡大

年々増えている未婚率。結婚にメリットはないと言い切る人もいますが、本当にそうでしょうか? もし一生独身を貫いた場合、考えられるトラブルは? 未婚男女に、「一生独身」の一番イヤな部分を考えてもらいました。

<女性の意見>

■死ぬとき

・「死ぬときに誰が一番泣いてくれるだろう」(26歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「死ぬときに誰も気づいてくれないところ」(27歳女性/その他/事務系専門職)

誰でも迎える死。運よく畳の上で死ねたとしても、死ぬ間際に誰も気づいてくれない、誰も悲しんでくれないとなると悲しすぎますよね。結婚して家族がいれば少なくとも誰かが死を知るでしょう。

■老後のこと

・「お一人さまだと誰も介護してくれなさそう」(26歳女性/その他/専門職)

・「老後のことが心配。今の日本すらヤバいのに。年金とか。せめて納めた分は返してほしい」(32歳女性/商社・卸/事務系専門職)

亡くなるときのことも心配ですが、自分がいつまで生きるかもはっきりしません。病気をして体が不自由になったとき、誰も世話してくれず、ケアを受けるための資金もなければ最悪ですね。

■まわりの人の攻撃

・「親戚や世間からの評判、プレッシャーなど」(25歳女性/医療・福祉/専門職)

・「人からヤイヤイイヤミを言われること」(33歳女性/不動産/専門職)

人は、自分の生き方が正しいかどうかが気になってしまいがちな生き物。不満がありつつも結婚を選んだ人は、未婚の女性を責めて自分の正しさを主張するかもしれません。正直ウザいですよね。

<男性の意見>

■病気のとき

・「病気のときにとてもしんどそうに思う」(39歳男性/情報・IT/技術職)

・「病気になったときに買い出しに行けない」(35歳男性/金融・証券/専門職)

年をとっていなくてもつらい病気。ただの風邪でも、こじらせれば身動きできません。それでも自分のための食事や薬をたった一人で調達しなければならないのは、思いの外つらいことです。

■子どもがいないこと

・「子どもがいないこと。子どもとか小動物とか大好きだから」(29歳男性/人材派遣・人材紹介/技術職)

・「子どもができないので、家族ができないこと」(31歳男性/医薬品・化粧品/営業職)

子どもができないことを苦にして離婚する夫婦もいます。結婚しても子宝に恵まれない場合もあるのですから、独身では子どもができるはずもありませんよね。子を望んでいるのならつらいことです。

■一人ごはん

・「一人で帰る寂しい家。一人ごはん」(28歳男性/医療・福祉/事務系専門職)

・「毎日一人で寂しくごはんを食べること」(31歳男性/情報・IT/技術職)

おいしいお弁当や気の利いたレトルト食品、腕によりをかけて作った手料理があっても、毎日一人で食べると味気なさそうですよね。男性には一人ごはんがつらいと思う人が多いようです。

■まとめ

男女ともに、「一人で寂しい情景」を、イヤな部分として想像するようです。女性はさらに「まわりに結婚しないことでいろいろ言われる」という部分を上げているのが、印象的ですね。結婚するもしないも、生き方の問題です。結婚は強制されるものではありませんが、ずっと独身でいることを考えるとデメリットがあるのも事実。重々承知という人もいそうですが、具体的に検討するべき問題もあるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数199件(25歳〜35歳の働く未婚男性)、有効回答数209件(25歳〜35歳の働く未婚女性)