ミュージカル「花より男子」ついにキャスト決定!気になるF4&牧野つくし役は?

写真拡大

今年上半期、想像以上のときめきを与える「花より男子 The Musical」が2月24日(金) 韓国で初演の開幕を確定し、ベールに包まれていたキャスティングを公開した。

「花より男子」は1992年から2004年まで12年間神尾葉子が集英社「マーガレット」に連載した伝説的な作品で、日本で累計発行部数が6千万部を超えるなど、現在まで日本で最も売れた少女漫画として挙げられる。

また「花より男子」は日本で巻き起こったF4ブームにとどまらず、18ヶ国で翻訳・出版されるなど、世界中の少女たちの心を鷲掴みにした。韓国では37巻の正式単行本と20巻の完全版が出版され、150万部以上の売上を記録したベストセラーだ。当時の若者たちは、急速に成長した経済環境により、社会全般の富に対する憧れや願望が多く、富裕層の若者たちを指す“オレンジ族”が本格的に登場し、これが「花より男子」のF4と自然に結びつき、高い人気を得た。

このようにアジアを越えて世界中にF4ブームを巻き起こし、作品性と興行両方で成功したキラーコンテンツとしての価値を十分に証明した「花より男子」は、昨年日本でミュージカルとして復活し、新しい挑戦に出た。「花より男子 The Musical」は2月24日に韓国で初演の開幕を確定し、日本でもドリームチームと呼ばれる最高のクリエイティブチームが意気投合し、注目を集めている。

韓国版「花より男子 The Musical」も鈴木裕美が演出を、本間昭光が作曲と編曲を担当し、イ・ソンジュンが韓国初演の音楽監督として参加した。また、天然パーマ、怖いもの知らずの財閥家の御曹司で、F4のリーダーであるF1こと道明寺司役は、BTOBのチャンソプ&VIXXのケン&キム・ジフィが務める。

貧しい中でも超一流の私立学校に入学し、無事卒業だけを夢見る牧野つくし役にはJ-Minとmiss Aのミンがキャスティングされた。感情表現が苦手だが、心は誰よりも純粋な財閥企業の御曹司、花沢類役にはSUPER JUNIORのソンミン&ジョンフィ&キム・テオが交互に舞台に立つ予定だ。

「花より男子 The Musical」は2月24日(金) から5月7日(日) まで弘益(ホンイク) 大学大学路(テハンノ) アートセンター大劇場で上演される。