TOP SECRET ギョンハに「セクハラ論争」…所属事務所がコメント発表

写真拡大 (全2枚)

TOP SECRETのメンバー、ギョンハに対して問題になったセクハラ論争について解明した。
12日、TOP SECRETの所属事務所は公式ファンコミュニティとFacebookを通じて「現在、インターネット上で拡散されているTOP SECRETのギョンハと関連したセクハラの噂は、事実無根であることを明らかにします」と伝えた。

続けて「弊社は、デビューしたばかりの新人として、TOP SECRETの所属メンバーがドラマ『鬼』の女性主人公に顔が似ており突然、多くの人たちの関心と愛情を受けることになり、悪質なコメントや誹謗も、人前に立つアイドルとして我慢すべきの部分だと思い状況を見守りました。しかし、無分別に広がる虚偽事実と誹謗によって幼いギョンハはもちろん、他のメンバーと家族、所属事務所及びTOP SECRETを愛し、応援してくれるファンの皆様にも、精神的な傷と被害を与えることになると判断いたしました」と話した。

そして「今後、TOP SECRETのギョンハに対する悪質なデマ及び虚偽事実、人身を攻撃する発言などに値するすべての掲示物及び関連コメントなど、所属アーティストの名誉と人格を毀損するすべての行為に対して、法的な手続きを行って強力に対応する方針です」と強調。

最近、インターネット上である女性が、過去ギョンハにセクハラされたと主張し、論争になっていた。