許さんっ! 彼女を「放置する彼」に効果的な仕返し6つ

写真拡大

付き合っているはずなのに連絡がとぎれがちだったり、時間はあるはずなのにデートの誘いに応じてくれなかったり。何もしなくても好きでいてくれるだろうという安心感から彼女を「放置」。今回は、こういう彼への効果的な仕返し方法について女性たちに聞いてみました。

■男友だちと遊ぶ

・「男友だちと遊びに行く。それでももしそのままなら別れたほうがいい」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「ほかの男友だちと遊ぶ。危機感を持たせるのにちょうどいいから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

彼が自分との時間を作ってくれないのなら、自分はほかの人と遊ぶから構わないという強気な態度を見せるという女性も。そこで、あえて男友だちを選ぶことで彼を焦らせることもできそうですね。

■放置返し

・「逆に放置する。彼といない時間のほうが楽しいというところをアピールして危機感を覚えさせる」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「放置返し。でも下手をするとそのまま自然消滅だけど」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

放置されたのと同じくらい自分も放置するのが効果的という意見もあるようです。彼がいなくても自分の生活には何の問題もないというところを見せつけるということですが、自然消滅にならない程度にしておいたほうがよさそうですね。

■別れて新しい彼を探す

・「きっぱりと別れてどれだけモテるか見せつける。ほっとくから悪いんだと思わせる」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「新しく愛情深い彼を作って見せつける」(25歳/その他/事務系専門職)

放置するということは自分への愛情が足りない証拠。きっぱりと見切りをつけて新しい彼を探したほうがいいという女性もいるようです。責任は彼にあると思えば、別れるときにも気持ちに踏ん切りがつきそうですね。

■浮気すると脅す

・「放置するなら浮気してやると脅すこと。本当にプチ浮気してもいいかも」(23歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「これで遊んでいてもお前は文句言えないからなと言う」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

放置したままだと浮気するかもしれないと宣言して危機感を持たせるという女性も。実際に浮気しなかったとしても、そこで焦らないような彼なら付き合い続ける意味もないかもしれませんね。

■ひとりでも楽しんでいるところを見せつける

・「彼の知らないところで旅行に行きまくってSNSにあげる」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

・「彼女のほうも、放っておいて人生を謳歌」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

ひとりの時間を十分に楽しんでいるから彼がいなくても平気ということを見せつけてみるのも効果的かも。本当に自分が楽しめることが見つかるだけでなく、彼に焦りを感じさせるにもいい方法かもしれませんね。

■彼に「会いたい」と直談判

・「彼の性格にもよるので、真剣に会いたいと言う」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「私のこと、ほったらかしにしないで」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

仕返しするよりも彼に会いたい気持ちを伝えるほうがいいという意見もあるようです。放置する理由によっては心配せずに待つこともできるし、今後も付き合いを続けるのならお互いにしっかりと話し合うことも大事かもしれませんね。

■まとめ

仕事が忙しくて、趣味に没頭する時間がほしくて。男性が彼女を放置する理由はいろいろとありそうですが、どんな理由であれ彼女を不安にさせるのはよくないことだというのは忘れないでほしいですよね。自分が同じことをされたらどんな気持ちになるのかをわからせるための仕返しというのもときには必要なのかも。ただ、仕返し合戦にならないようには気をつけたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月12日〜2017年1月4日
調査人数:103人(22〜34歳の社会人女性)