神対応っ……! デートで失敗したときの「彼女のフォロー」6つ

写真拡大

張り切って彼女をデートに誘ったものの、どうも段取りが今ひとつで失敗してしまった……。男性にとってそんな失敗はできれば経験したくないでしょう。ですがそんなときこそ彼女の気遣いに心が救われるもの。デート中に彼女にフォローしてもらった経験を、働く男性に教えてもらいました。

■何ごともなかったように支払ってくれた

・「デートで財布を忘れてお金を出してもらった」(29歳/情報・IT/技術職)

・「支払いの際カードが使えず、お金が足りなかったときに立て替えてくれたこと」(37歳/警備・メンテナンス/その他)

いざ会計のときにお金が足りないことに気づいた! デートでこれほど焦ることもありませんよね。男性に恥をかかせないよう、あたかも初めから彼女が払う予定だったように支払ってくれると、男性もかなり救われるでしょう。

■おいしくなくてもおいしいと言ってくれた

・「お店選びで失敗したとき、『気にしないで。おいしかったから』と笑顔でフォローしてくれた」(32歳/情報・IT/技術職)

・「たまたま入った店の料理がまずかったのに、おいしそうに食べてくれた」(36歳/印刷・紙パルプ/技術職)

たまにはちがうレストランにでも行ってみようという冒険心が、予期せぬ事態を招くこともあります。「ここは失敗だったな」と思うようなお店でも、ポジティブな言葉をかけてもらえると気まずくならずに済みますね。

■予約失敗でも大丈夫

・「レストランの予約がうまくできていなかったとき。近くにある彼女のオススメのお店に連れて行ってもらった」(27歳/情報・IT/営業職)

・「旅行の予約で、チケットが昨日のチケットで、帰りの新幹線で乗ることができなかったときに笑って許してくれたこと」(38歳/医療・福祉/技術職)

人気のレストランや旅行に行くときは、事前の予約がとても大切になります。ですが予約も人のやること、失敗してしまうこともあるでしょう。そんなときでも不機嫌にならず、笑い飛ばしてくれる彼女に、頼りがいや懐の深さを感じる男性も多いようです。

■迷子さえ楽しむ余裕

・「道に迷ったときに率先して、近くの人に聞いていたとき」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「ちょっとした迷子になったとき。『これも楽しいよね』と言ってくれた」(36歳/その他/その他)

デートは必ずしも予定通りに目的地にたどり着けるとは限りません。道に迷ったときでも、イライラすることなく打開策を考えてくれる彼女には、頼もしささえ感じますね。

■服にベチャ! も臨機応変に対処する

・「アイスクリームを服にこぼしちゃったあと、『新しい服を買ってあげられるね』とフォローしてくれた」(39歳/その他/クリエイティブ職)

・「飲み物をズボンにこぼしてしまい、漏らしたように見えてしまったがそれを隠すように自分の前を歩いてくれた」(39歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

飲み物を飲んだり、食事を楽しむことは定番のデートプランですが、話に夢中になっていて服にベチャッとやってしまうこともありますよね。冷たい目で見られると恥ずかしいことこの上ありませんが、思いやりのあるひと言があればその後のデートも楽しめそうです。

■下調べ不足も黙ってフォロー

・「行きたいお店が休みだったり無くなっていたりしたときに、あえて触れずにいること」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「私が行きたいちょっと遠い店で、でも予約を取るほどでもない店だったので、そのまま行ったら定休日だった。そしたら『今度、ごちそうしてね』と笑ってた。憎まれ口のひとつでも言いたいはずなのに、そういう対応でもなく、私としてはやさしいひと言に救われました」(39歳/機械・精密機器/技術職)

デートで行くお店を決めるときは定休日を調べることがもっとも重要なポイントになりますが、はるばる足を運んでも定休日だった場合はすぐさま代替案を提示するなど、そのミスに触れないように心掛けたいですね。

■まとめ

何度もデートを繰り返していれば、失敗のひとつや2つは出てくるもの。それを逐一気にしていては楽しい時間は過ごせません。多少の失敗は広い心で許して、うまくフォローすることが大切ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月26日〜2016年12月27日
調査人数:361人(22〜39歳の社会人男性)