女性が知らない「男性の現実」・4つ

写真拡大

男性と女性とでは、考え方や行動にいろいろちがいがあるもの。男性のことをあまり知らない女性だと、男性に対して夢見がちなところもあるのではないでしょうか。今回は、女性が知らない男性の現実を、社会人男性に語ってもらいました。

■デートは面倒

・「デートとかはかなりめんどくさい」(35歳/自動車関連/技術職)

・「デートスポットもあらかじめ調査して準備が大変なんだよ」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

デートは楽しいものというイメージがありますが、行き先を決めたり下調べをしたりと、準備はかなり大変なようです。たまには、手抜きデートを許してあげていいかもしれませんね。

■見栄っぱり

・「見栄を張ってる部分が多い。本当は辛くても辛くないとやせ我慢してる」(38歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「見栄を張りたがる生き物なのでございます」(33歳/商社・卸/営業職)

見栄を張ってしまう男性も多いのではないでしょうか。女性に対して自分をよく見せたいという気持ちから、ついつい見栄を張ってしまうのかもしれませんね。

■実は繊細

・「実はとても繊細で傷つきやすい」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「強そうに見えて、内面はナイーブな人が多いこと。ガッチリした体形の男性に限って、繊細な性格だったりする」(28歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

見た目とは裏腹に、繊細な人も多い男性。意外に、ちょっとしたことで傷ついているかもしれませんね。

■浮気性

・「友人の話を聞いていると、けっこう浮気をしている奴がいた」(38歳/その他/事務系専門職)

・「男性はみんな浮気する生き物だと思う」(29歳/機械・精密機器/技術職)

浮気をするかどうかは、本人次第ですから、必ず浮気をするというわけではなさそう。ですが、心のどこかには浮気をしてみたいという願望くらいは持っているのかもしれませんね。

■まとめ

男性に対して、頼もしいイメージがある女性は多いのではないでしょうか。しかし、内面はそうでもないのかもしれません。繊細であったり見栄っ張りであったり、女性にはわからないいろいろな一面がありそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月22日〜2016年12月26日
調査人数:283人(22〜39歳の男性)