iPad Pro 12.9インチ、9.7インチ


買うほうも迷いそう…。

最近のApple(アップル)といえば、「モデル増加」がキーワード。iPhone 6から大きなPlusモデルが登場し、iPadにも大きな12.9インチProモデルが登場しました。そして新たな海外情報によれば、今年第2四半期に登場する次期iPadには10〜10.5インチモデルが追加され3モデル構成になるというのです。

この興味深い報告を行なったのは、KGI証券の実績あるアナリストことミンチー・クオ氏。9to5Macが紹介している彼のレポートは以下の内容です。

新モデルは12.9インチ、10〜10.5インチ、9.7インチになる。12.9インチは新モデルで、10〜10.5インチモデルは狭額ベゼルを搭載したハイエンドモデル、そして9.7インチモデルは低価格モデルとなるだろう。新プロセッサ「A10X」も12.9インチモデルと10〜10.5インチモデルにのみ搭載される。一方、2017年のiPadのセールスは苦戦すると予測される。

実はiPadに中間サイズモデルが登場すると報じられたのは今回が初めてではなく、Macお宝鑑定団Blog[羅針盤]も「10.9インチモデルの追加」と報じています。まさに現行2モデルの中間サイズって感じですね。

個人的には10〜10.5インチモデル一本に絞って、「これが次世代のiPadだ!」と打ち出してもらうほうが買いやすい気もしますが…。iPad Proの登場で大幅に使い勝手が向上したiPadが、今後どのような進化をとげるのかは興味深いですね。

【ミンチー・クオ氏の予測レポート】
・iPhone 8はプレミアムモデルにステンレスを採用し、差別化へ?
・来年が本命? MacBook Proの2017年モデルに32GBメモリと値下げのうわさ

image: Apple
source: 9to5Mac

(塚本直樹)