1月12日の東京株式市場で日経平均株価は反落、前日比229円97銭安の1万9134円70銭で取引を終えました。今後の展開はどうでしょうか。

 1月12日の東京株式市場で日経平均株価は反落、前日比229円97銭安の1万9134円70銭で取引を終えました。

 今後の展開はどうでしょうか。

 マネースクウェア・ジャパンの八代和也アナリストによると、11日に行われたトランプ次期米大統領の記者会見以降、ドル/円は下落傾向にあります。

 1月20日の大統領就任式に向けて、これまでの「ドル買い・円売りポジション」解消が進み、ドル/円は上値が重くなる可能性も。八代さんは「その場合、日経平均も伸び悩むかもしれません」と話しています。

(オトナンサー編集部)