1月12日、アンダーズ東京にて「バルミューダ新型炊飯器製品発表会」が行われました。


(c)Nosh

『バルミューダ』といえば、25,000円という高価格帯ながら、外はサクサク中もっちりでバカ売れした『ザ・トースター』に代表されるように、機能よし、デザインよしの新型プロダクトメーカー。

「いつかは……」、「結婚したら、新居に置きたい♡」、「自分へのご褒美に清水買い」など妄想は広がるばかりですが、製品ラインアップを見ているだけでも楽しめます。

そんなバルミューダから新しく発売されたのが、なんと炊飯器!


出典:バルミューダ株式会社

『BALMUDA The Gohan』と名付けられた炊飯器、キッチンに置きたくなる上質なデザインですよね!

ごはんにはとてもこだわりが強いという寺尾玄代表取締役は「最も長い開発期間で、18カ月かかりました」と苦労を明かします。


(c)Nosh

社長のオーダーは「土鍋よりおいしいごはんを実現すること」。

思考錯誤した結果、蒸気の力だけでごはんを炊いていくというまったく新しい構造を実現させたのです。


(c)Nosh

斬新な2段構えになった釜には、内釜にお米と水、外釜に水のみを張る方式で、外釜から出る水蒸気でお米をふっくら炊き上げます。


出典:バルミューダ株式会社

100度を超えないため、通常の炊飯器とは異なりお米を傷つけることなく、深く自然な味わい、はりのある食感、抜けるような香りを全部実現しています!


(c)Nosh

何より「冷めたときのごはんもおいしい」とのことで、確かに試食でおにぎりも食しましたが、固さがなく、うまみが凝縮されていて、お弁当に持っていくにも適していると告げられると、思わず「ほしい」と叫んでしまう逸品。

炊飯にかかる時間は白米で約1時間、3合炊きで、「どうしても味が落ちてしまう」という理由から、保温機能は非搭載です。

手のようになっている取っ手もかわいらしく、41,500円(税抜)という価格でも奮発したくなる名品です!

もちろん玄米などにも対応していますし、水蒸気で炊くから、お米を水にひたしておいたりする時間もいらないとのこと。


(c)Nosh

『BALMUDA The Gohan』はオンラインストアでは本日から予約開始です!










【参考】

※ バルミューダ株式会社

【関連記事】

※ エコロジックな魅力。ニュージーランド発のトータルケアブランドが登場

※ 青木崇高のホッとする時間は「家に帰ってごはんを食べるときです」

※ 彼とアツアツ♡冷蔵庫のありあわせで作る「カレーうどん」レシピ

※ セルフィーがはかどる!キュートで便利な「ハンドル付スマホケース」とは

※ スチームクリーム限定デザイン缶に「小磯良平が描いた植物画」が登場