はみ出すぎっ……! ドン引きした「彼女の脂肪」6つ

写真拡大

体に脂肪がつきやすいこの季節。なんとか服で隠しているけれど、脱げば自分でも直視できないくらい脂肪がついていることに悩んでいる人はいませんか? 今回は、彼女の脂肪がついている様を見てドン引きした経験を、働く男性に聞いてみました。

■ぼこぼこの太もも

・「太もものところに、セルライトがぶあーっとあって引いた」(26歳/小売店/営業職)

・「お尻から太ももにかけてのセルライト」(33歳/運輸・倉庫/その他)

正面から見るだけではわからないけれど、体のうしろにはがっちりとついたセルライト。なめらかな肌には程遠い、でこぼこの触り心地では、彼もガッカリしてしまいますね。

■背中が丸い理由

・「痩せているように見えても、背中にがっつり肉がついているのを見るとガッカリしてしまう」(27歳/情報・IT/営業職)

・「体をねじったときに出てくる謎の背中の脂肪」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

背中の脂肪も正面からではわかりにくいため、つい自分のチェックがおろそかになってしまいますよね。猫背の人は特に要注意、うしろ姿もくまなくチェックしましょう。

■手でつかめる段々腹

・「腹まわりががっちりとつかめるくらいだということ」(29歳/情報・IT/技術職)

・「おなかが相撲取りのように、ぼってりしていた」(32歳/情報・IT/技術職)

ふんわりとしたトップスやワンピースでごまかしても、隠せないぽっこりおなか。ぽっこりを超えれば見事な段々腹に成長します。早めに手を打ちたいところです。

■まるで振り袖

・「二の腕に多くついた脂肪」(38歳/運輸・倉庫/技術職)

男性が好きなぷにぷにの二の腕も、脂肪がつきすぎればたぷたぷの振り袖に。正面から見たときの肩からのシルエットが丸くなってきたら要注意です。

■パンツからはみ出る脂肪

・「お尻の脂肪で座ったときにはみ出していた」(37歳/学校・教育関連/営業職)

・「お尻が垂れ下がっていた」(35歳/金融・証券/専門職)

肉感的なお尻はとても魅力的ですが、脂肪がつきすぎると垂れてだらしないシルエットになってしまいます。ぷりっとしたお尻を維持するためには、それなりの努力が必要になるでしょう。

■顔の大きさ○割増し

・「二重あごの脂肪。ほかのところは隠れているけども、顔のまわりの脂肪はどうにかしてほしい」(34歳/情報・IT/営業職)

・「あごの緩んだ脂肪」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

小顔を目指す女性にとっては、あごの脂肪は憎い存在ですよね。洋服で隠すこともできず、メイクでごまかすのも限度があるため、男性の目から見ても目立つようです。

■まとめ

どんな細く見せるテクニックを使っても、やはり彼の目をごまかすのは至難の業。いつまでも女性としての魅力をなくさないためにも、自分の体に関心を持ち、自己管理を徹底することが大切ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月26日〜2016年12月27日
調査人数:361人(22〜39歳の社会人男性)