<低消費電力GPSとオフラインで使えるカラー地図機能を搭載、スマートフォンと連動しなくても単独で使用可能なアウトドア用スマートウオッチをCASIOが発表>

 CASIO が登山家などから厚い支持を得ているアウトドアウオッチ PRO TREK の名を冠した新スマートウオッチを発表しました。

 CASIO はアウトドアに特化したスマートウオッチ Smart Outdoor Watch WSD-F10 を2016年に発売。第2弾として発表された WSD-F20 は、PRO TREK の新シリーズ PRO TREK Smart として発売される初めてのスマートウオッチとなります。

 最大の特徴は、昨年リリースされた第1弾 WSD-F10 では搭載していなかった低消費電力GPSとオフラインで使えるカラー地図機能を搭載しているところ。WSD-F10 では地図機能等を使う際に、常にスマートフォンと連動しておく必要がありましたが、WSD-F20 ではスマートフォンの電波が届かない山域や、スマートフォンを手に持てないウォータースポーツなどでも単独で使うことができます。

wsd-f20_2.jpg


 マップは、多彩な表現が見やすいと世界中で利用されている Mapbox 社の地図データを採用。行先の地図を事前に WSD-F20 にダウンロードしておけば、GPS情報と組み合わせて、オフラインでも位置を確認できます。

 また、「ロケーションメモリー」アプリを使う事で地図上に文字やマーカーでメモを残すことができるので、登山道の途中で見つけた美しい景観や、釣りのポイントなど、地図上に目印のない場所でも自分だけのメモをつけることも可能です。

 なお、WSD-10 で好評だった登山アプリ YAMAP との連携も、WSD-F20 では内蔵GPSについて新たに対応予定とのこと。スマートフォンなしに YAMAP アプリが使えるとなると、登山での利便性はかなりアップしそうです。

 PRO TREK の名を冠しているだけに外観はよりタフネスを感じさせるものになっていて、米国防総省が制定した米軍の物資調達規格 MIL-STD-810G に準拠するなど、堅牢な耐環境性能と防水性も備えています。

 カラーはオレンジとブラックの2種類。発売は4月21日の予定。価格は WSD-F10 (¥70,000)よりも安い¥51,000となっていて、初めてのスマートウオッチとして手を伸ばしやすい価格になったのも嬉しいところです。

geared (ギアード)