2017年にリリースされる次世代iPhoneの名称はiPhone8となり、リリースされる3モデルのうち2モデルは「通常のアップデート」にとどまり、5インチバージョンが特別に「10周年モデル」という位置づけで展開されるとの情報が登場しました。

5インチiPhoneだけが特別仕様?

中華系のニュースサイトifanrが、サプライチェーンの関係者から聞いた独占スクープとして明かしたところによると、次世代iPhoneは4.7インチ、5.5インチ、5インチの3モデル体制で展開が予定されているそうです。
 
このうち、4.7インチと5.5インチについては、これまでのiPhone7/7 Plusシリーズに続く形で「通常アップデート」となる一方、5インチモデルについては10周年を記念して、大幅なアップデートが施される予定です。
 
一部には2017年のiPhoneはiPhone7/7 Plusと外観が変わらない、という観測もあるだけに、4/7/5.5インチモデルの「通常アップデート」がどの程度のものなのかは謎ですが、少なくとも新登場の5インチモデルほどではないようです。
 
なお、名称については、マイナーアップデートを匂わせるiPhone7sではなく、10周年を意識してiPhone8シリーズとなる見込みです。

どのモデルにどの機能が投入されるのか

iPhone8については、3モデル登場することこそ通説となりつつあるものの、どの機能やデザインがプレミアムモデル限定なのかといったことについては、現段階でははっきりと分かっていません。
 
例えば、プレミアムモデルのiPhone8については、有機EL(OLED)パネルを採用し、その機能を生かした角のない両曲面ディスプレイになると言われています。しかし、供給量の問題からOLEDが採用されるのはプレミアムモデルのみで、4.7/5.5インチモデルについては液晶(LCD)ディスプレイにとどまると考えられています。
 
また、全画面ディスプレイになることで、物理ホームボタンが消失し、指紋認証をディスプレイ上で行うようになるとも言われていますが、これについても曲面ディスプレイを採用する、5インチのプレミアムモデルのみとなる可能性もあります。
 
ただし、ワイヤレス充電はすべてのモデルに採用されると考えられていることから、同充電方式を実現するために、ボディに限ってはどのモデルもガラスとステンレスフレームで構成されることとなりそうです。
 
 
Source:ifanr
Photo:Twitter (Veniamin Geskin)
(kihachi)