写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士フイルムは12日、約203gの小型軽量ボディに1,640万画素裏面照射型CMOSセンサーを搭載した堅牢設計のデジタルカメラ「FinePix XP120」を発表した。イエロー、ブルー、ライムの3色を用意。2月2日より発売する。価格はオープンで、推定市場価格は税別27,500円前後。

FinePix XP120は、20mの防水、1.75mの耐衝撃構造、-10度の耐寒、そして防塵性能に優れたデジタルカメラだ。防塵・防水における保護規格「IP68」に準拠し、片手で握っても滑りにくいグリップを採用。マリンスポーツ、スキー、釣りなどのレジャーシーンに最適としている。

撮像素子には有効画素数1,640万画素の1/2.3型 裏面照射型正方画素CMOSセンサー(原色フィルタ)を採用。レンズはフジノン光学式5倍ズームレンズで、広角28mm(35mm判換算)から撮影が行える。光学式手ブレ補正機能も備え、暗い場所でもシャープでブレのない写真を撮影可能としている。ディスプレイは3.0型92万ドット液晶で、光の反射を抑える設計を採用。強い日差しの下や水中でも撮った画像を確認しやすくなっている。

新搭載の「シネマグラフモード」では、撮影した画像の一部だけが動く新たな表現技法を確立。画像の一部が動き出すことで、撮影者の狙ったテーマを際立たせる。最速10コマ/秒の高速連写、1,920×1,080ドット/60pでの動画撮影にも対応。「インターバルタイマー撮影」や「タイムラプス撮影」もサポートする。

無線LAN機能も搭載しており、スマートフォンやタブレット端末との連携が可能。専用アプリ「FUJIFILM Camera Remote」を使うことで、写真や動画を転送できる。撮影した画像を、スマートフォン用プリンター「スマホ de チェキ」に送信しての直接印刷も可能。

主な仕様は、レンズの焦点距離が28〜140mm(35mm判換算)、開放F値がF3.9(広角)〜F4.9(望遠)、レンズ構成が11群13枚(非球面8面4枚)、対応感度がISO100〜ISO6400。記録には内蔵メモリ(約96MB)のほか、SD/SDHC/SDXCメモリーカードを利用可能。動画の記録画素数は最大1,920×1,080ドット(フルHD)/30pで、標準撮影枚数は約210枚となっている。本体サイズはW109.6×D27.8×H71mm、重量は約203g(バッテリーとメモリーカード含む)。

(リアクション)