ライターのサーキットデビューレポート、前回は、サーキットへの準備から走行開始までを綴りました。

1

今回走ったのは「RIDE ON CLUB」という枠で、ナンバー付き車両が先導車なしで走ることができる走行会です。時間ギリギリに走り出すことはできたものの、初サーキットで何も起きないワケがなく……!?

コースインすると、「ああ、これがサーキットか……」となんとも表現しがたいワクワク感に包み込まれます。

白バイに捕まる心配もなくフルスロットルにでき、対向車もおらず、最悪スリップしても安全にコース外に逃げることができるという安心感や謎の優越感もありますね。

タイヤウォーマーなんて優れモノは持っていないので、まったり3周ほどタイヤを暖めますが、とにかく速く走りたい!という意識でひたすら走っていました。

出走してから10周ほど走り、ペースもリズムも掴めてきた頃、前に走る知り合いの方を抜かしてみようと考えてみました。

同じ排気量のマシンのためストレートでは抜くのは難しく、ならコーナーの出口でインから抜こう!と初サーキットながら良い案を思いつきましたが、今までと違う慣れないラインを走ったからか、あっさりスリップしてしまいました……

曲がった左のステップをぼんやり眺めがらどうしようと考え込むばかりでした。

「次の枠も走るしどうしようかな…」と悩んでいたところ、「近くのバトルファクトリーで直してもらえば良いんじゃない?」とアドバイスを頂き早速足を運びました。

バトルファクトリーは、HRC(株式会社ホンダ・レーシング)から認定を受けたサービスショップ。主にレース用車両のパーツやクイックシフターなどを販売、修理を行っています。

「次の枠13:55からなんですが、走れるようになりますか?」と相談したところ、「できるかは分からないけど、なんとかやってみるよ」ということで、1時間ほど待っていると、見事に修復していただけました!

もう絶対に転けまいと気合を入れて2枠目へ向かいました。それでも、1枠目よりブレーキを遅めてみたり、ギアを1つ下で曲がってみたりいろんなことを試していました。

このようなことを安全に行えるのもサーキットの良いところですね。

ラップタイマーを付けていなかったので正確なタイムはわかりませんが、後でオンボード映像で測ったところ、1分2秒前半が最速ラップでした。

これが速いか遅いかもわかりませんが、とにかくとても楽しかったからそれで良しです!

この1日に筆者が使った金額は以下の通りです。

サーキット2枠分6200円+1日分の保険料2000円=8200円
レンタカー代24時間分=9900円(友人と折半したため)÷2=4950円
レンタカーのガソリン代=3000円(友人と折半したため)÷2=1500円
高速料金=800円×2=1600円

合計16250円で、その他食費とバイクのガソリン代がかかりましたが、2万円ほどあれば十分に足りました。

速く走ることに少しでも興味のあるライダーであれば、絶対に行くべきと断言できる場所がサーキットと言えます。仲間のライダー同士でどっちが速いかを競う場合、公道では甲乙つけるの言語道断ですが、これができるのがサーキットなのです!

もちろん、ちょっとスポーツ走行してみようかなぁとゆるーく考えているライダーも是非サーキットへ行って欲しいと思います。「俺は速く走ることにはあまり興味ないから…」と思うライダーも、自分のバイクの新しい魅力を見つけられるかもしれませんよ。

(ライター:駒月 麻顕/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

緊張する必要なし。思ってる以上に気軽に行けた!? サーキットデビューレポート(後編)(http://clicccar.com/2017/01/12/428193/)