東京オートサロンではシャア専用オーリスをはじめファクトリーカスタムモデルを展示してきたClicccarブース。2017年はメイドイン茅ヶ崎のカスタムカーであるオーテック・マーチボレロA30を展示します。

1

マーチボレロA30は1986年に創立したオーテックジャパンが30周年を記念して、オーテックを育ててくれたユーザーへの感謝の気持ちを伝えたいということで製作した記念車です。わずか30台限定で販売されたマーチボレロA30は即完売してしまいました。なかなか実車を見ることができない、レアなマーチボレロA30が幕張メッセ国際会議場チューニングカーミーティング内のclicccarブースに登場します。

マーチボレロA30はボディの90mmワイドトレッド化をはじめ、専用ボディチューニングや205/45R16インチの専用ホイール&タイヤの装着。そしてフジツボ製の専用エキゾーストシステムを採用しています。

搭載するエンジンはレース用エンジンのノウハウを持つオーテックの匠による管理のものハンドメイドで組んだ1.6L直列4気筒のHR16DEです。コンピューターをはじめ、カムシャフト、コンロッド、クランクシャフトそして強化バルブスプリングなど専用パーツを採用。さらにシリンダーヘッドのポート研磨などを施すことで、レッドゾーン7100回転という高回転まで気持ち良く回せるエンジンに仕上げています。

インテリアにはフロントシートにはホールド性と快適性を高次元でバランスさせたレカロ社製シートを標準装備。専用の本革巻きステアリングやシフトブーツにはシルバーステッチが施されています。スピードメーターは220km/hスケールそしてセンタークラスターにはシリアルナンバー入りのエンブレムを装着しています。

すでに完売となっているので手に入れるのは難しいマーチボレロA30ですが、オーテックジャパンの渾身の一台が東京オートサロンに登場。じっくり見られるのはこれが最後のチャンスになるかもしれませんので、ぜひ匠たちの意気込みを感じてください。

(文・萩原文博、写真・小林和久)

【東京オートサロン2017】clicccarブースにファクトリーカスタムの傑作!オーテック・マーチボレロA30を展示(http://clicccar.com/2017/01/12/434991/)