写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士フイルムは12日、ミラーレスデジタルカメラのカラーバリエーションとして、「FUJIFILM X-Pro2」のグラファイトカラーモデルと、「FUJIIFILM X-T2」のグラファイトシルバーカラーモデルを発表した。

○FUJIFILM X-Pro2 Graphite Edition

「FUJIFILM X-Pro2」のグラファイトカラーモデル。1,000セット限定で3月9日より発売する。価格はオープン、推定市場価格は税別270,000円前後。

多層塗装を本体外装に施し、トップコートの黒色成分の含有量をグラファイトシルバーカラーモデルよりも多くすることで、金属的な質感かつ重厚感のある色に仕上げている。カメラボディと同色に塗装した「フジノンレンズ XF23mmF2 R WR」と、レンズフード「LH-XF35-2」もセットになっており、外観を統一することでより高級感を高めている。

「FUJIFILM X-Pro2」の詳細については、レビュー記事の「Xシリーズのスピリットを集約した真のフラッグシップ - 『FUJIFILM X-Pro2』(前編)」、および「後編」を参照いただきたい。

○FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Edition

「FUJIIFILM X-T2」のグラファイトシルバーカラーモデルで、2月下旬より発売する。価格はオープン、推定市場価格は税別200,000円前後。

ボディの質感にこだわり、塗装・焼付けの工程を3度繰り返す多層塗装塗装を実施。1コート目でマグネシウム製のトップカバーにマットブラックの下地塗装を行い、2コート目で「薄膜多層コート技術」によるグラファイトシルバーカラーに塗装。3コート目でクリア塗装を施し、ツヤ感のある外観に仕上げている。

専用アクセサリーとして、高級本革ストラップ、アルミ製ホットシューカバー、ボディと同色のクリップオンフラッシュ「EF-X8」をセットにしている。

「FUJIIFILM X-T2」の詳細については、別記事の発表会レポート「新ミラーレス『X-T2』実機による試写も! - 富士フイルム、Xシリーズ発表会」を参照いただきたい。

(リアクション)