写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ChatWorkは1月12日、ビジネスチャットツール「チャットワーク」のデスクトップ版アプリの新機能を発表した。同日より、「マルチアカウント機能」、「チャットサービスまとめ機能」、「スクリーンショット機能」の3つの新機能を搭載した。

「マルチアカウント機能」は、Webブラウザを変えたり、ログアウトとログインを繰り返すことなく、複数のチャットワークアカウントを利用できる機能。そのため、個人アカウントと企業アカウントなど、複数チャットワークアカウントを利用している場合に便利だという。また、GmailやOutlook、Skypeなどのサービスををデスクトップ版アプリ内で一括にまとめて利用できる「チャットサービスまとめ機能」も追加した。

「スクリーンショット機能」では、PCに表示されている画面を画像として切り取り、容易に共有できるようになった。そのため、チャットをしている中で、画像を使って説明をしたい時などに適している。

そのほか、ファイルダウンロード時に、自動で前回使ったフォルダが選択される機能や、アプリ起動時に、前回終了時と同じウィンドウサイズと表示位置で立ち上がる機能を追加した。

チャットワークの価格(税別)は、フリープランが無料、個人事業主やフリーランス向けのパーソナルプランが月額400円/1ユーザー、企業・組織向けのビジネスプランが月額500円/ユーザー、今回の大手企業・官公庁向けのエンタープライズプランが月額800円/ユーザーとなる。

(山本明日美)