(写真左から)コラントッテの小松克巳社長、東京海上日動火災保険の高野耕一常務取締役

写真拡大

磁気健康ギアを製造・販売する「コラントッテ」(大阪市中央区)は2017年1月11日、磁気ペンダントと身元照会システム、損害保険がセットになった新サービス「CSS」(コラントッテ・セーフティ・システム)の提供を開始した。

シンプルな分、非常時に強いシステム

CSSを契約すると、ID番号と24時間対応のコールセンターの電話番号が刻印されたペンダントがもらえる。それを身に付けている人に緊急事態――不測の事故・災害・急病・徘徊――が発生したとき、警察や消防・救急、発見者がその電話番号に電話を掛けると、コールセンターから登録済みの緊急連絡先に通報されるという仕組みだ。緊急連絡先は最大5件まで登録可能。

「免許証やGPS機能搭載のスマホがあれば十分」と考える人もいるだろう。しかし緊急事態に陥った人が一人暮らししているような場合、その家族に辿りつくのは意外と大変。GPS機能などの最新技術を盛り込んだ機器は、本人以外はロックを解除できなかったり、故障やバッテリー切れのリスクがある。非常時こそ誰でも使える簡単・シンプルなシステムが強い。

発表会に登壇したコラントッテの小松克巳社長は、本サービスの特長について次のように説明した。

「僕の知っている会社での出来事です。10人で食事会に行ったのですが、そのうちの1人が急に倒れ、救急車で搬送されました。奥さんに連絡を取ろうとしたら携帯電話にロックがかかって解除できない。携帯電話のショップに持っていって事情を説明しても受け付けない。倒れた人はカテーテル治療が必要な状態。(家族の承諾が得られず)結局その人は後遺症が残ってしまいました。CSSのようなシステムがあれば――と思いました」

救急医療に運び込まれた人の身元が不明な場合、警察は指輪に刻まれたイニシャルを手掛かりにすることもあるそうだ。CSSのペンダントトップのID番号は、同じ役割を果たすというわけ。

東京海上日動火災の保険もついてさらに安心

CSSは、東京海上日動火災保険と提携した損害保険が付与されている。CSSサービスの申込みと同時に、自動的に損害保険サービスを受けることができる。交通事故傷害保険(死亡・後遺障害のみ、最大100万円)、賠償責任危険保険特約(支払限度額3億円)が付帯されている。

東京海上日動火災保険の高野耕一常務取締役は、CSSに参画・提携するに至った背景を次にように説明した。

「近年、突発的な災害や事故、あるいは病気や認知症による徘徊が原因で、身元不明になる事態が多発している。その社会課題を解決するためにCSSの開発・商品化に取り組むコラントッテを、保険商品の提供を通じてバックアップすることは、わが社の経営理念に合致しています」

コラントッテといえば、プロゴルファーの石川遼選手、女子卓球の伊藤美誠選手、プロ野球ソフトバンクホークスの内川聖一選手などの一流アスリートが愛用している。同社の商品はISO 13485(医療機器・体外診断用医薬品)を取得済み。同社独自の「N極S極交互配列」により、着用しているだけで血行が改善され、つらい首・肩・腰などのコリを緩和する効果がある。

CSSのネックレスはフリーサイズ。100mT(1000G)×4個の希土類永久磁石が用いられている。首まわりに沿うようにシリコンループに内蔵しているので、磁力の広がりが立体的で広範囲に働きかける。

価格は、ペンダント本体、身元照会サービス、賠償責任危険保険特約等がセットになって、年額1万8000円(税別、以下同)。契約を更新するたび、新しいID番号の商品が届く。

サービス開始当初は、通販サイトまたはフリーダイヤル(0120-13-0001)で受け付ける。詳細は同社公式サイトまで。