iPhoneでの通話を簡単、手間要らずで録音できる!商談内容の失念や振り込め詐欺の防止に役立つ「スマホすぐレコイヤホン」

写真拡大 (全3枚)

iPhoneを使っていて欲しいと思うのが、電話での通話内容の録音機能だ。

・イベントやプロモーションなどの予定や詳細などの内容
・通話で知らされる住所や電話番号などの連絡先
・通話で約束や交渉内容
など、通話を録音できれば、あとから言った・言ってないなどのトラブルも回避することができる。
また、振り込め詐欺などでも、録音できれば聞き直して被害の防止もできる。

しかし、iPhoneの電話アプリには、録音機能はない。

電話での通話を録音できるアプリは、これまでにもいくつかある。
しかし、設定が面倒であったり、うまく録音できなかったり、通話の前に起動しておく必要があったりと、必ずしも使いやすいとは言えなかった。

「iPhoneの電話が簡単に録音したい」
と、いう人には、サンコーの「スマホすぐレコイヤホン」はどうだろう。
価格は4,980円(税込)。

■通話もボイスメモも録音できるイヤホン
本製品は、ボイスレコーダーだ。
iPhone 6s以前のイヤホンジャックを搭載するiPhoneシリーズに接続すれば、すぐに使えるのが便利なポイントだ。

iPhoneの着信があったら、電話をとって通話しながら、録音したいときに録音ボタンを押すだけで通話を録音できる。
通話相手の声はイヤホンジャックから録音され、自分の声は本製品のマイクから録音されるのだ。

大事な商談の記録、住所や電話番号など、メモできないときには、特に役に立つはずだ。
Skypeで英語を勉強している人であれば、英語の発音チェックにも使えるだろう。


iPhoneのイヤホンジャックに接続すれば、すぐに使える。


本製品は、電話アプリと連動していないため、普段はボイスレコーダーとしても使うことができる。
録音した音声は、その場でイヤホンから聞けるので、通話している相手に聞かせることも可能だ。

録音された音声データはmp3ファイルとして記録される。
本製品をパソコンにUSB経由で接続すれば、音声データをパソコンにコピーすて保存しておくこともできる。

バッテリーは充電式なので、パソコンやUSBケーブルで充電できる。
満充電の状態で最長約5時間(メーカー公称値)の録音が可能。

なお、iPhone以外でも、3.5mmイヤホンジャックを備えたAndroidのスマホやタブレット、パソコンでも利用できる。


パソコンにUSB経由で接続すれば、音声データをパソコンにコピーして保存できる。


iPhoneでの通話を面倒な手間をかけずに録音したい人にとっては、かなり役に立つアイテムだろう。


ITライフハック 関口哲司