働くがん患者が抱える社会復帰への苦悩 「もう戻るところがない」

ざっくり言うと

  • がんで仕事を退職した患者が、社会復帰への苦悩を明かしている
  • 入院時に一番辛かったのは「どこにも所属していない」ということだったそう
  • 「戻るところはもうない」と思い、目の前が真っ暗になったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング