チャン・ヒョク&イ・ハナ主演ドラマ「ボイス」予告編を公開…13日に事前試写会を開催

写真拡大

音追撃スリラードラマ、OCN「ボイス」が予告編を初公開した。

OCNの「ボイス」は(脚本:マ・ジンウォン、演出:キム・ホンソン、制作会社:コンテンツK) は犯罪現場のゴールデンタイムを守る112通報センターの隊員たちの激しい記録を盛り込んだ捜査ドラマだ。愛する家族を不慮の事故で亡くした強行犯係の刑事ム・ジニョク(チャン・ヒョク) と112通報センターの隊員カン・グォンジュ(イ・ハナ) が犯罪率1位にコールバック率最低というソンウン支庁の「112通報センターゴールデンタイムチーム」に勤務しながら、自身の家族を殺した連続殺人犯を追い、事件を解決していく過程を描く。

11日、インターネットを通じて初めて公開された「ボイス」の予告編では、息を殺してしまうようなスリル感が初放送に対する期待を高めている。特に、ム・ジニョク(チャン・ヒョク) とカン・グォンジュ(イ・ハナ) の眼差し演技が視聴者を圧倒している。妻を失ったム・ジニョクの悲しみと切なさ、犯人に対する怒り、音に集中して犯罪の糸口を探るカン・グォンジュの悲壮たる表情など、緊張感がそのまま表現されており視線を引きつける。また、予告編の中で「犯罪ゴールデンタイム3分、生死の分かれ道に立った被害者を救え」という文言のように、犯罪が発生した後、ゴールデンタイムを死守し、犯罪解決率を高めようとする112通報センターの活躍が描かれ、張り詰めた緊張感を与える。

予告編を初めて公開し、オンエアを控えている「ボイス」は、13日に視聴者と主演俳優と共に作品を一歩先駆けて鑑賞できる事前試写会を開催する。1月4日から8日までOCN公式Facebookで応募を受け付け、抽選で当選された人々を対象に行われる。

この日の試写会には「ボイス」の主演チャン・ヒョク、イ・ハナ、ペク・ソンヒョン、SUPER JUNIORのイェソン、ソン・ウンソが出席し、ファンと共に第1話のスペシャル編集版を鑑賞する。撮影に関するエピソードを公開し、ファンと共にフォトタイムを行うなど、有意義な時間を過ごす予定だ。特に「ボイス」が音で犯罪の糸口を掴むだけに、より立体感のあるサウンドを提供するSOUND X館で試写会が行われ、作品の面白さを最大化するものと期待を高めている。また、今後インターネットを通じて、「事前試写会」のスケッチ映像を公開し、試写会に出席できなかった視聴者たちを慰める予定だ。

音追撃スリラー「ボイス」は14日夜10時から韓国で放送がスタートする。