オム・ジョンファ&Brown Eyed Girls ガイン「第31回ゴールデンディスクアワード」でスペシャルコラボステージを披露

写真拡大

ソロ女性歌手の先輩・後輩のスペシャルなコラボレーションステージが披露される。

オム・ジョンファとBrown Eyed Girlsのガインが、13日に京畿道(キョンギド) 一山(イルサン) KINTEXにて開かれる「第31回ゴールデンディスクアワード」で特別なステージを演出する。

オム・ジョンファは2006年にリリースした9thアルバム「Prestige」のタイトル曲「Come 2 Me」のパフォーマンスを11年ぶりにガインと一緒に披露。

当時、衝撃的なパフォーマンスとスタイルで話題を集めた歌なだけに、今回の二人のステージも強烈なパフォーマンスになることが予想される。

その他にもオム・ジョンファは新曲「Watch Me Move」を、ガインは昨年9月にリリースしたソロアルバム「End Again」のタイトル曲「Carnival」の個人ステージも披露する予定だ。

オム・ジョンファは8年ぶりにニューアルバム「The Cloud Dream of the Nine」をリリース、ダブルタイトル曲「Dreamer」と「Watch Me Move」で圧倒的なパフォーマンスを披露して、クイーンの帰還を知らせた。

ガインは今月中にアメリカR&Bミュージシャンであるジェフ・バーナット(Jeff Bernat) とデュエット曲をリリースする予定で、新しいアルバムを作成中だ。