トランプ次期大統領記者会見:自らのビジネスとの利益相反問題に関して国民を欺くのか

写真拡大

トランプ次期大統領による2017年1月11日(米現地時間)の記者会見で、大統領在職中もビジネスに手を出し、自分のビジネスとの利益相反を起こすことが明らかになった。「私は自分のビジネスも政府も同時に運営しようと思えばできる」と発言。

2017年1月11日(現地時間)、トランプ次期大統領は記者会見で気を吐いた。会見の中でトランプは、メディア企業BuzzFeedの報道をゴ岼磴い世蕕韻離乾澆了栢イ塙況發靴拭BuzzFeedは、大統領選期間中のトランプ陣営とロシアの独裁者ウラジーミル・プーチンとのス妙に仕組まれた共謀イ亡悗垢覽〔文書を暴露していた。そしてトランプはついに、大統領在職中は自らが経営するトランプ・オーガナイゼーションと距離を置くことを明言した。

記者会見の冒頭でトランプ次期大統領の報道官となるショーン・スパイサーは、西側の元諜報部員によってもたらされたというトランプとプーチンに関する機密文書について、ツ秣で全く誤った情報イ箸靴瞳磴靴非難した。トランプは文書についてゥ淵鵐札鵐垢文輅龕イ箸掘△気蕕法屮廖璽船鵑ドナルド・トランプを好きだと言うなら、それは負債ではなく資産であると考えるべきだ」と他人事として表現した。

会見で注目すべきは、トランプの法律顧問によるトランプ・オーガナイゼーションの今後に関するプレゼンテーションだった。選挙期間中トランプは、「自分のビジネスとの利益相反は起こさない」と約束していた。また選挙後には、「大統領在職中は彼の会社は新たな取引を行わない」とツイートしている。

11日の記者会見で、トランプのこれらの公約が嘘であると国民は知ることになった。

トランプは勝者の原理に基づいてこの公約違反となる仕組みを考えだした。「大統領は利益相反を禁じる法律の対象ではない」とトランプは主張する。「私は、自分のビジネスも政府も同時に運営しようと思えばできるのだ」とトランプは言う。

トランプの法律顧問によると、トランプは会社役員のポストを辞し、彼の行ってきたビジネスの日々の業務をドン・ジュニアとエリックのふたりの息子に引き継ぐという。これはネ益相反の回避イ箸歪遠い。トランプのふたりの息子は、トランプ・タワーで次期大統領が主催したテック・サミットを含む政権移行のためのトップレベルのミーティングにも出席している。記者会見でトランプは「彼らと今後ビジネスの話はしない」と言っている。しかしトランプの法律顧問によると、次期大統領は今後も会社の業績に関する資料を受け取るという。

「トランプ・オーガナイゼーションは今後タ靴燭奮こ絢莪イ蝋圓錣覆ぁ廚叛觚世靴燭發里痢△海譴海外でのプロジェクトに関するものなのか、外資によるプロジェクトも含むのかはっきりしない。選挙前のトランプの公約に反したタ靴燭聞馥蘯莪イ動き出しそうだ。トランプの法律顧問によると、今後は倫理担当顧問がネ益相反や倫理問題イ砲弔い童靴靴チェックするという。ただし、この倫理担当顧問はトランプ一族によって雇われている。

法律違反が疑われる、トランプの経営するホテルに外国の政府関係者を宿泊させて収入を得ている件について、トランプの法律顧問はこの日最も奇妙な発表を行った。「トランプ次期大統領は、彼の経営するホテルへの外国政府による支払いから得た全ての利益を、自発的に合衆国財務省へ寄付することを決定しました。これにより、(トランプ個人でなく)アメリカ国民が利益を得ることになります」と法律顧問は述べた。しかし、ゴルフコースやカジノの利用、不動産の売却やリースによって外国政府から得た報酬または贈与と解釈されるその他収入の処理方法の詳細に関しては語られなかった。