11日、中国外交部の陸慷報道官は、米国務長官候補のレックス・ティラーソン氏が中国の南シナ海での人工島造成を「違法行為だ」と批判したことについて、「南シナ海問題における中国の立場は明確であり、繰り返し述べるまでもない」と述べた。

写真拡大

2017年1月11日、中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は、米国務長官候補のレックス・ティラーソン氏が中国の南シナ海での人工島造成を「違法行為だ」と批判したことについて、「南シナ海問題における中国の立場は明確であり、繰り返し述べるまでもない」と述べた。環球網が伝えた。

ドナルド・トランプ次期米大統領が国務長官への起用を決めたティラーソン前エクソンモービル会長は、上院の指名承認公聴会で、中国の南シナ海での人工島造成を「違法行為だ」と批判したほか、「北朝鮮核問題における中国の空虚な約束を受け入れ続けることはできない」とも述べた。

陸報道官は、北朝鮮核問題をめぐる指摘について「中国は朝鮮半島の非核化と平和と安定の維持に積極的な斡旋を行い、大きな役割を果たしてきた」と主張。「北朝鮮核問題の難点と由来が中国側にないことは国際社会が承知している。この問題で鍵となる米朝が歩調を合わせ、有利な条件を作り、6カ国協議という正しい枠組みに戻ることを期待する」と述べた。(翻訳・編集/柳川)