「災害用伝言ダイヤル(171)」は音声メッセージを電話から登録・再生できる安否確認サービス。災害が発生し通信がつながりにくくなった場合に提供が開始される(画像は公式Webサイトより)

写真拡大 (全4枚)

 NTT東日本とNTT西日本は11日、1月15日〜21日の「防災とボランティア週間」に合わせて、「災害用伝言ダイヤル(171)」および「災害用伝言板(web171)」の体験利用期間を設定したことを発表した。

 「災害用伝言ダイヤル(171)」と「災害用伝言板(web171)」は、災害が発生し、被災地への通信がつながりにくくなった場合の安否確認や緊急連絡手段として、NTT東西が提供するサービス。

 「災害用伝言ダイヤル(171)」は電話で音声メッセージを登録し、メッセージの確認も電話で行う。一方「災害用伝言板(web171)」は、インターネット接続が可能なPC・スマートフォン・携帯電話から、Webサイト上にテキストメッセージの登録・確認を行うサービスとなっている。

 両サービスの連携により、伝言ダイヤルに登録された音声ファイルをweb171で再生したり、web171のテキストを音声変換して伝言ダイヤルで再生することも可能だ。

 両サービスとも利用方法はそれほど複雑ではないものの、メッセージの登録・確認には「キーとする電話番号」を決めておく必要があるなど幾つかの手順が必要なこともあり、いざという時にスムーズに利用できるよう周知徹底を図ることを目的として、今回の取り組みのような体験利用期間が設定されている。

 「防災とボランティア週間」以外に、毎月1日および15日、正月三が日、防災週間(毎年8月30日〜9月5日)にも両サービスの体験利用が可能。

 なお、災害用伝言ダイヤルの録音・再生はNTT東西の回線からは無料。web171の登録、閲覧等に伴うサービス利用料も無料となっている。

■関連リンク
防犯システムNAVI DATA BASE
防犯システムNAVI