ますます楽しみ! - 実写映画『美女と野獣』より
 - (C) 2016 Disney. All Rights Reserved.

写真拡大

 エマ・ワトソン主演の実写映画『美女と野獣』の主題歌を人気歌手のアリアナ・グランデとジョン・レジェンドがデュエットで歌うことが発表された。

 1991年のアニメーション版のエンドクレジットではセリーヌ・ディオンとピーボ・ブライソンが歌い、大ヒットとなった楽曲「美女と野獣」(作曲アラン・メンケン、作詞ハワード・アシュマン)。アカデミー賞のほかゴールデン・グローブ賞、グラミー賞にも輝いた名曲で、アリアナとジョンが再びフィーバーを起こすことになりそうだ。

 アリアナはアニメーション映画『SING/シング』(3月17日公開)の主題歌「フェイス」をスティーヴィー・ワンダーと共に歌い、ジョンは賞レースを席巻している『ラ・ラ・ランド』(2月24日公開)に歌手役で出演して楽曲「スタート・ア・ファイア」も提供するなど、共に映画でも活躍している。

 『ドリームガールズ』のビル・コンドン監督がミュージカルとして描く実写版『美女と野獣』には、メンケンが新たに書き下ろした新曲が3曲あることも明らかになっている。日本公開は4月21日。(編集部・市川遥)