ドラマ「オー・マイ・クムビ」&「力道妖精キム・ボクジュ」視聴率5%台で放送終了

写真拡大

「オー・マイ・クムビ」と「力道妖精キム・ボクジュ」は、それぞれ5%台の視聴率を記録して共に放送終了となった。

12日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、韓国で11日に放送されたKBS 2TV水木ドラマ「オー・マイ・クムビ」の最終回は5.6%(全国基準) の視聴率を記録した。並んで放送終了を迎えたMBC水木ドラマ「力道妖精キム・ボクジュ」の最終回は、5.2%の視聴率を記録した。

「オー・マイ・クムビ」は、過去15回の放送の中で番組最高視聴率7.2%を記録したが、最終回で視聴率が下落して心残りな結果となった。

「力道妖精キム・ボクジュ」は、番組最高視聴率5.4%から0.2%低い数値で幕を下ろした。

一方で、同時間帯に放送されたSBS水木ドラマ「青い海の伝説」は、11日に放送された第16話で18.9%を記録した。