「力道妖精キム・ボクジュ」放送終了…イ・ソンギョン&ナム・ジュヒョク、2人の結末とは?

写真拡大 (全5枚)

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
キム・ボクジュ(イ・ソンギョン) とチョン・ジュンヒョン(ナム・ジュヒョク) の物語が幕を閉じた。

11日夜に韓国でMBC16部作の水木ドラマ「力道妖精キム・ボクジュ」(脚本:ヤン・ヒスン、キム・スジン、演出:オ・ヒョンジュ、ナム・ソンウ) の最終回が放送された。

泰陵(テルン) 選手村に入ったボクジュは、なかなか電話に出ないジュンヒョンの浮気を疑い、入院中であるボクジュの父親を介護していたジュンヒョンは、ボクジュに率直に話すことができず気になっていた。

ジュンヒョンは、治療のため選手村を出たボクジュが父親のチキン店へ向かうところで、かろうじてチキン店に行くことは防いだが、ボクジュの叔父とこっそり通話するところを見つかり、誤解と怒りを招いた。

ボクジュは選手村に復帰する直前、父親が入院中であることを知り、病院へ向かい自身を心配した父親に対して試合でベストを尽くすと約束した。ボクジュはジュンヒョンのもとも訪ね、誤解したことを謝り愛を確認した。

いよいよ待ちに待った世界ウエイトリフティング選手権大会の当日。「誰がなんと言っても君は世界最高になるんだ。キム・ボクジュ! やれ。やればできる。やってみろ!」ボクジュは意を決して試合会場へ向かった。ボクジュの父親も手術を無事に終えた。そしてボクジュは望みに望んできた金メダルを獲得した。

2年後。ボクジュとジュンヒョンの卒業式。2人は過ごしてきた大学生活を思い出しながら、オリンピックでの善戦を期待した。それと共にジュンヒョンが、「オリンピックで金メダルを取ったら、僕たち結婚しようか?」とプロポーズし、2人の幸せな姿が描かれて「力道妖精キム・ボクジュ」は放送終了を迎えた。

一方「力道妖精キム・ボクジュ」の後番組には、俳優チョン・ギョンホ、女優ペク・ジニ、EXO チャンヨルらが出演する「ミッシングナイン」が、韓国で18日に放送スタートとなる。