AOA「音楽番組で大きい控え室を利用した」…出演アイドルの中で一番先輩だったことを明かす

写真拡大

AOA ソリョンがアイドルの先輩として、広い控え室を利用した感想を伝えた。

11日に韓国で放送されたKBS 2TV「MVバンク STARDUST」にAOAが出演し、カムバックトークを交わした。

この日MCを務めたヘジョンは、メンバーたちに「1stフルアルバムをリリースした感想はどうですか」と聞き、ソリョンが「カムバックして驚いた。出演者の名簿を見たが、AOAがアイドルたちの中で、一番先輩だった」と伝えた。

ソリョンは「感無量で、信じられなかった。今『ミュージックバンク』の事前収録に参加してきたが、一番大きい控え室を利用した」と付け加えた。

続いてミナは「今回のタイトル曲『Excuse Me』はレトロ風のダンス曲で、コンセプトは探偵だ。『Bing Bing』は洗練されたポップダンス曲で、中毒性が強い曲だ」と紹介した。

またソリョンは「『Excuse Me』は探偵事務所で働く探偵として出演している。あるターゲットを探すために、それぞれ任務が与えられる。私は同じ所属事務所の俳優クァク・ドンヨンと撮影した。しかしクァク・ドンヨンが私を笑わせた。それで私も彼がバストショットを撮る時に笑わせようとしたが、絶対に笑わなかった」と褒めたたえた。