写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ダイナコムウェアは、組込み機器に最適なビットマップフォントを定額で使用できる年間ライセンス「DigiType BMP(デジタイプ ビーエムピー)」を2017年1月より提供を開始することを発表した。

「DigiType BMP」は、ユーザーが必要な時に自由にビットマップフォントを入手可能な定額製の製品。費用は1機種(組込み機器)毎で、ビットマップフォントを各サイズ・各文字においてどれだけ使用しても定額で使うことのできる年間ライセンスプランとなっている。

ユーザーが必要な時に自由にビットマップフォントを入手できるほか、書体パックの中から書体デザインを自由に選べたり、「必要な文字セット」、「文字サイズ」、「階調」を設定できたり、データサイズが小さいバイナリデータ(RAW)形式でビットマップフォントが出力できるのが特徴。ライセンス費用は1機種(組込み機器)毎にどれだけビットマップフォントを使用しても定額となっている。

また、書体デザインは文字情報(別ファイル)との連携によりプロポーショナル対応などが可能で、今後はさらに「デザイン性豊かな書体」、「多言語」、「記号」などを追加予定とのことだ。

「DigiType BMP」の動作環境は、Windows Vista(Service Pack 2以上)/7(Service Pack 1以上)/8.1/10 日本語版。対応文字範囲はJIS2004字形日本語:Microsoft標準キャラクタセット準拠、シングルバイトキャラクタセット、ダブルバイトキャラクタセット。出力データサイズは16〜256ドットとなっている。販売価格は同社 第8営業部まで問い合わせること。

なお、同サービスについての詳細は、東京ビッグサイトにて2017年1月18日〜20日に開催される「第3回 ウェアラブルEXPO -ウェアラブル端末の活用と技術の総合展-」の「ダイナコムウェアブース」にて公開されるということだ。

(早川厚志)