マイケル・ジャクソンさんの娘パリス・ジャクソン (c)Imagecollect.

写真拡大

歌手マイケル・ジャクソンさんの娘パリスが、イギリスの新シリーズ「Urban Myths」(原題)を強く批判した。

このシリーズは、2001年のニューヨークの同時多発テロ事件後の混乱中にマイケルさん、エリザベス・テイラーさん、マーロン・ブランドさんがニューヨークから車でロードトリップするフィクションのエピソードが含まれていて、俳優のジョセフ・ファインズがマイケルさんを演じている。現地時間11日に予告編が公開された。

パリスはツイッターでジョセフの演じるマイケルさんについてファンに聞かれると、「ものすごく気分が悪いわ。かなりの人がそう思っていると思うけれど。正直吐きたくなるわ」「私の父だけでなくて、ゴッドマザー(後見人)のリズ(エリザベス・テイラー)にも彼らがどれだけ故意に侮辱しているか見るのは腹が立つ」「尊重はどこにあるの? 重大で素晴らしいレガシーを作るために血と汗と涙が出るほど彼らは長い間一生懸命働いてきたのよ」とツイートし、白人男性が黒人のマイケルさんを演じていることについては、父は自分のルーツにプライドを持っていたので、このようなことは望んでいなかっただろうと明かした。

「Urban Myths」はイギリスのネットワークSky Artsで現地時間19日からスタートする予定だ。