カッコイイなのになぜ独身!? イケメン男性が結婚しない6つの理由とは?

写真拡大

世の中にはイケメンなのになぜか結婚しないという人も存在します。

イケメンなら結婚相手を探すのは簡単そうなのに、なぜ彼らは独身を貫いているのでしょうか?

結婚しない理由はいろいろありますが、必ずしも結婚しない主義とは限りません。
出会いやタイミングなどいろいろな理由で結婚しないケースもあり、うまくコミュニケーションを取ればイケメンと結婚できる可能性は十分にあります。

今回は、イケメンなのに結婚しない人の特徴と結婚するための攻略法を6例紹介します。

●(1)結婚よりも仕事に夢中

『仕事と結婚してしまってるイケメンが身の回りに結構います。もったいないな〜とは思うものの、あの人とつきあったら寂しいだろうな……と思ってしまう』(29歳/病院受付)

何よりも仕事が大事で結婚は二の次、という理由で結婚しない男性は少なくありません。

自分のやりたかった仕事につけた、夢を実現したというタイプの男性は仕事が生きがいそのものであり仕事をしていれば充実感を感じるため結婚したい、家庭を持ちたいという欲求は高くありません。

このタイプの男性は結婚に拒否感を持っているわけではなく、単にパートナーがいなかったりタイミングを逃しているだけなので結婚に持ち込むのは難しくありません。
結婚を考えるならば彼の仕事を支えることを第一 に考え、家庭を守る内助の功を大切にしましょう。

結婚することでより仕事に熱中できる環境が手に入る のだと思わせることに成功すれば、案外すんなりと結婚してくれることでしょう。

●(2)趣味が生きがいで女性を気にする余裕が無い

『趣味にお金をかけすぎて、女性関係にまで意識が行かないイケメン。多分、趣味があるから一人でも寂しくないんでしょうね』(30歳/インテリアコーディネーター)

趣味に人生を捧げるがゆえに独身が続いている、という男性も多く見られます。

趣味の種類は様々で釣りやサーフィン、音楽やコンピュータなど傾向はバラバラですが、共通しているのは時間もお金も趣味につぎ込んでいる という点です。

このタイプの男性は趣味に没頭できる環境さえ約束されるのならば、結婚には意外と積極的です。
趣味に理解を示し結婚後も趣味を続けることを認めさえすれば、押しの一手で結婚まで持ち込めるでしょう。

必ずしも男性と同じ趣味にハマる必要はありません。
むしろ干渉せず大きな気持ちで見守っている くらいのほうが好印象を与えられるでしょう。

結婚後も趣味を優先されると家計には大きな打撃ですが、お金の使い方を矯正しようとすると彼氏の心は離れます。

お金の問題はすべての情報をオープンにし、一方的に趣味に使うお金の削減を迫らず建設的な話し合いを心がけましょう。

●(3)生活に不自由していない

『私のまわりのイケメンなのに結婚してない人は、生活力がある人ですかね(笑)料理も洗濯も家事全般ができるから、とくに結婚したいと思わないらしい……』(24歳/美容師)

特に結婚願望もなく今の生活に不自由していない イケメンは結婚願望が薄くなりがちです。

特に大きな理由もなく結婚していない、というタイプのイケメンを結婚する気にさせるのは簡単ではありません。
結婚すると今の不自由のない生活が崩れてしまうリスク があるわけですから、生活を守るためには独身の方がいいと考えます。

そのためなんとなく結婚するという可能性は低く、結婚で得られる大きなメリットを示さない限りイケメンの心を動かすことはできません。

一番手っ取り早いのは結婚しても今の生活がキープできると示すことです。
経済的にも精神的にも彼氏に依存しない自立した女性 であれば生活が大きく変わるリスクは低く、結婚できる可能性も高まります。