『ラ・ラ・ランド』の対抗馬『ムーンライト』

写真拡大

 全米映画批評家協会(NSFC)が第51回NSFC賞を発表し、マイアミの貧困地域に生きる少年が成長する姿を、三つの時代に分けて追った映画『ムーンライト』が作品賞を受賞した。

 同映画は、ボストン・オンライン映画批評家協会が選ぶ2016年のベスト映画トップ10にも選ばれ、ロンドン映画批評家協会賞、サテライト・アワードなど数多くの賞で作品賞にノミネートされており、アカデミー賞ノミネーションの呼び声も高い。主な受賞結果は以下の通り。(澤田理沙)

■作品賞 『ムーンライト』

■監督賞 バリー・ジェンキンズ 『ムーンライト』

■男優賞 ケイシー・アフレック 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

■女優賞 イザベル・ユペール 『エル(原題) / Elle』『未来よ こんにちは』

■助演男優賞 マハーシャラ・アリ 『ムーンライト』

■助演女優賞 ミシェル・ウィリアムズ 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

■脚本賞 ケネス・ロナーガン 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

■撮影賞 ジェームズ・ラクストン 『ムーンライト』
ほか