JYJ ジェジュン、世界中のファンと交流…軍隊&近況エピソードを明かす

写真拡大

JYJのジェジュンがファンたちと交流する時間を設けた。

ジェジュンは11日午後8時30分からNAVERのライブ映像配信アプリ「V」を通じて「ジェジュンのお兄さんがしてくれる軍隊話」を配信した。この日、ジェジュンはファンのコメントを見ながら自由に話す時間を設けた。

自身が運営する三成洞(サムソンドン) のカフェで行われた放送は気楽な雰囲気の中で行われた。

ジェジュンは先月30日に除隊したばかりであるだけに、軍隊に関する話をした。除隊前と後の違いに対する質問に、ジェジュンは「社会の中で息をしていること自体が嬉しい。皆さんと一緒に交流しているこの瞬間がただ嬉しい」という感想を伝えた。

また、軍隊でのエピソードも公開した。彼は「軍隊でサッカーをして2ゴールを決めた。1つはカッコよく決めたが、2回目のゴールはオウンゴールだった。運動しながらボールに触ると怪我をするので、ボール遊びは避けようとしている」というエピソードを伝えた。

ジェジュンは、今月21日と22日に開催される単独コンサートに対する話も欠かさなかった。

「コンサートの準備はちゃんとやっている。最高のバンドと共にステージを作ることができてすごく嬉しい」とし、観覧ポイントについて「公演時間が長くなりそう。たくさん交流しながら様々なステージを見せるのが観覧ポイントだ」とし、期待を高めた。

この日の放送では、ジェジュンのファンへの愛情がより一層際立った。全世界で放送を見ているファンたちのためにジェジュンは各国の言語で挨拶し、タイのファンのために「タイの国王が亡くなられたが、軍隊でそのニュースを聞いて心が痛んだ。個人的にも非常に好きだった国だし、たくさん愛してくださったのに気が重かった」と付け加えた。

また、除隊後にたくさんSNSをしている理由については「意図的にたくさんしている。海外にいる方々は僕と接する機会が少ないので、様々なニュースをたくさんお伝えするためにたくさんしている」とし、ファンを感動させた。

最後に彼は新しいアルバムとドラマについて「少し時間がかかりそうだ。早く皆さんに挨拶しなければと思っている。期待してほしい」と伝えた。