“B1A4 バロの妹”アイがデビュー!タイトル曲「切に願えば叶うよ」MV公開…第2のBoAの誕生なるか

写真拡大 (全2枚)

「切に願えば叶うはず。覚めたくない 大切なこの感じ」

切々たる夢を叶える時期にぴったりの曲だ。自身の話をしているように、夢に向かって突っ走ってきた時間に希望を与えるアルバムだ。B1A4のバロの妹であることからも期待される実力派新人の誕生を知らせたアイ(チャ・ユンジ) の登場だ。

アイは12日0時、デビューアルバム「I Dream」を発売した。タイトル曲「切に願えば叶うよ(I Wish)」は自身の成長を盛り込んだ曲であるため、さらに共感できる曲だ。歌手という夢を叶えるために突っ走ってきた6年間の練習の期間、そしてついに叶った夢の前での覚悟と誓いを歌っている。夢を見ている人なら共感できる話だ。

「切に願えば叶うよ」はアイのデビュー曲にぴったりのストーリーである。女性ソロ歌手としてのアイの登場を知らせ、地位を固める上でぴったりの曲だ。長い練習期間の間、培ってきた実力を披露するのに十分なボーカルとパフォーマンスを、見事に完成させた。ソロよりガールズグループとしてのデビューが多い今、アイのデビューはBoAの登場の時のように新鮮で魅力的だ。第2のBoAと呼ばれた歌手たちがいるが、アイの成長も期待される部分だ。

この曲はアイのパフォーマンスをアピールするだけでなく、ボーカルの魅力も活かしている曲だが、夢幻的な雰囲気が絶妙に調和している。平凡ではない音色を持っていることも大きな長所だが、アイというソロ歌手のカラーを確実にアピールしながら、これからの成長をさらに期待させる。そこにタイガーJKがラップのフィーチャリングに参加し、完成度を高めた。しっかりしたラップと新鮮な魅力のボーカルの調和が強烈だ。

バロの妹として名を知らしめ、デビュー曲でさらに注目を浴びる新人アイ。6年間の夢と努力を盛り込んだ今回のアルバムが、音楽ファンにどんな魅力として伝わるか関心が高まっている。